TOP > 研究報告検索 > 超高圧プロセスによる天然ダイヤモンド単結晶・多結晶体の成因解明

超高圧プロセスによる天然ダイヤモンド単結晶・多結晶体の成因解明

研究報告コード R030000125
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 赤石 實
研究者所属機関
  • 物質・材料研究機構物質研究所超高圧グループ
研究機関
  • 物質・材料研究機構
報告名称 超高圧プロセスによる天然ダイヤモンド単結晶・多結晶体の成因解明
報告概要 世界トップレベルの超高圧合成技術を駆使し、非金属触媒を用いたダイヤモンド合成研究を発展させて、5~10GPa、1000~3000℃の広範囲の圧力・温度領域で天然ダイヤモンド単結晶・多結晶体の成因を解明します。成因解明研究を通して、天然に産出する高純度ダイヤモンド多結晶体”バラス”類似の新硬質材料を合成し、次世代硬質材料の開発をめざします。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000125_01SUM.gif
研究分野
  • 無機化合物の結晶構造一般
  • 岩石圏の地球化学一般
  • 地球化学的探査
  • 研削
  • 炭素とその化合物
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「極限環境状態における現象」 研究代表者 赤石 實
研究報告資料
  • 赤石 實. 極限環境状態における現象 超高圧プロセスによる天然ダイヤモンド単結晶・多結晶体の成因解明. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.357 - 365.

PAGE TOP