TOP > 研究報告検索 > 磁気力を利用した仮想的可変重力場におけるタンパク質の結晶成長

磁気力を利用した仮想的可変重力場におけるタンパク質の結晶成長

研究報告コード R030000126
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 安宅 光雄
研究者所属機関
  • 産業技術総合研究所人間系特別研究体
研究機関
  • 産業技術総合研究所
報告名称 磁気力を利用した仮想的可変重力場におけるタンパク質の結晶成長
報告概要 構造生物学の発展には、良質のタンパク質単結晶の作製が鍵となっています。また重力パラメータはタンパク質結晶の質を支配する例が知られています。本研究では、磁気力を利用して重力値が連続的に変化するような極限環境を創生し、その中でタンパク質を結晶化し、重力値の変化が結晶成長に及ぼすメカニズムを解明するとともに、良質の結晶の合成に役立てます。
研究分野
  • 電気的・磁気的実験技術
  • 有機化合物の結晶成長
  • 有機化合物の磁性
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 電磁石
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「極限環境状態における現象」 研究代表者 安宅 光雄
研究報告資料
  • 安宅 光雄. 極限環境状態における現象 磁気力を利用した仮想的可変重力場におけるタンパク質の結晶成長. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.367 - 376.

PAGE TOP