TOP > 研究報告検索 > 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御

局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御

研究報告コード R030000130
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 藤田 博之
研究者所属機関
  • 東京大学生産技術研究所
研究機関
  • 東京大学
報告名称 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御
報告概要 新開発する高性能マイクロマシンSTMにより電界を原子サイズで制御し、位相解折電子顕微鏡法で原子・分子のふるまいを可視化して観察します。この結果を第一原理に基づく理論解析と対比し、極限物理現象を原子レベルで解明することで、新材料、新デバイスなどの開発につながるものと期待されます。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000130_01SUM.gif
研究分野
  • 電子顕微鏡,イオン顕微鏡
  • 電子物性一般
  • 図形・画像処理一般
  • 計算機シミュレーション
  • 固体デバイス製造技術一般
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「極限環境状態における現象」 研究代表者 藤田 博之
研究報告資料
  • 藤田 博之. 極限環境状態における現象 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.431 - 448.

PAGE TOP