TOP > 研究報告検索 > フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析

フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析

研究報告コード R030000132
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 市川 眞澄
研究者所属機関
  • 東京都神経科学総合研究所
研究機関
  • 東京都神経科学総合研究所
報告名称 フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析
報告概要 フェロモンは動物の社会生活に重要な因子であり、鋤鼻神経系が受容および情報処理に関わっています。研究では、自然の刺激によるシナプスの可塑性と記憶との関わりを明らかにする目的で、フェロモンの記憶を司る鋤鼻神経系副嗅球内の相反シナプスという機能的に重要なシナプスに注目して、フェロモン刺激とシナプスの可塑性との関連を総合的に解析します。この研究によりシナプスレベルでの記憶学習のメカニズムを明らかにします。
研究分野
  • 中枢神経系
  • 感覚
  • 生殖生理一般
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「脳を知る」 研究代表者 市川 眞澄
研究報告資料
  • 市川 眞澄. 脳を知る フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.469 - 484.

PAGE TOP