TOP > 研究報告検索 > 脳膜神経相関の分子機構

脳膜神経相関の分子機構

研究報告コード R030000133
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 裏出 良博
研究者所属機関
  • (財)大阪バイオサイエンス研究所第2研究部
研究機関
  • (財)大阪バイオサイエンス研究所
報告名称 脳膜神経相関の分子機構
報告概要 脳膜と中枢神経系は脳脊髄液を介して密接な情報交換を行い、相互の機能維持に積極的に関わっています。本研究では脳膜由来の新規神経調節因子・分化促進因子・神経死誘導因子とその受容体を同定し、その作用機構を分子レベルで解明します。その成果は、脳膜による中枢神経系の恒常性維持機構を明らかにし、その機能不全による疾患の予防と治療につながります。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 酵素一般
  • 酵素生理
  • 中枢神経系
  • 神経の臨床医学一般
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「脳を知る」 研究代表者 裏出 良博
研究報告資料
  • 裏出 良博. 脳を知る 脳膜神経相関の分子機構. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.485 - 500.

PAGE TOP