TOP > 研究報告検索 > GFP-fusion Libraryを用いた細胞内局在タンパク質の解析

GFP-fusion Libraryを用いた細胞内局在タンパク質の解析

研究報告コード R990004000
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 藤井 元
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 GFP-fusion Libraryを用いた細胞内局在タンパク質の解析
報告概要 細胞形象プロジェクトでは細胞の形態と機能との間の相関性解明を目指し、分子生物学・生化学・細胞生物学など種々の面からの解析を行った。遺伝子解析グループでは、細胞極性の重要な成立条件である細胞内蛋白質の局在につき、自家発光性蛋白質GFPを分子生物学的なタグとして用いた解析を実施した。GFP融合蛋白質cDNAライブラリーより各クローンのプラスミドを96-well microtiterplateを用いて調整し、培養細胞に導入して、個々にスクリーニングを行った。スクリーニングは、移行シグナルの解析と新規蛋白質探索の両面から行った。核移行シグナルを用いての解析では約3/4のクローンで既知の移行シグナルを認め、残り1/4の新規配列では移行シグナルとして機能することを別の細胞株・別の分子タグを用いて確認した結果、この手法が移行シグナル確定に大変有用であることが示された。また、新規蛋白質の探索としては興味深い細胞内局在を示すものを数多く分離して遺伝子構造を決定した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990004000_01SUM.gif R990004000_02SUM.gif
研究分野
  • 生物科学研究法一般
  • 遺伝学研究法
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子の構造と化学
  • 分子・遺伝情報処理
関連発表論文 (1)G. Fujii et al.
EXP. Cell. Res 251, 299-306 (1999)
Analypis at NLS using a GFP fusion Protein library
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、広橋細胞形象プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 藤井 元. GFP-fusion Libraryを用いた細胞内局在タンパク質の解析. 創造科学技術推進事業 広橋細胞形象プロジェクトシンポジウム —細胞とその社会の分子病理学の発展— 講演要旨集(研究期間:1993-1998),1998. p.11 - 19.

PAGE TOP