TOP > 研究報告検索 > 都市交通の環境負荷制御システムの開発

都市交通の環境負荷制御システムの開発

研究報告コード R030000138
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 岩田 規久男
研究者所属機関
  • 学習院大学経済学部
研究機関
  • 学習院大学
報告名称 都市交通の環境負荷制御システムの開発
報告概要 都市交通による混雑や環境負荷の軽減を、社会的費用負担を発生原因者に対して確実に課すことを可能にする経済的インセンティブ手段と、負荷軽減に役立つ工学的技術の融合によって実現するための環境負荷制御システムを開発します。ここに取り上げる工学技術は環境負荷削減に抜本的な効果があるが経済的理由などにより普及が進まない電気自動車を中心とした新しい交通システム技術とします。さらに、これらのシステムの導入によって、(1)都市交通システムの改編や土地利用の転換を通じて、都市構造がどう変化し、その結果、(2)都市交通に伴う環境負荷と社会的費用とがどの程度減少し、(3)省エネが進むかを研究することにより、最適な交通政策手段を提案します。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000138_01SUM.gif R030000138_02SUM.gif
研究分野
  • 都市計画一般,都市経済学
  • 開発,再開発,都市整備
  • 環境汚染一般
  • 都市交通
  • 交通調査
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「環境低負荷型の社会システム」 研究代表者 岩田 規久男
研究報告資料
  • 岩田 規久男. 環境低負荷型の社会システム 都市交通の環境負荷制御システムの開発. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.547 - 557.

PAGE TOP