TOP > 研究報告検索 > 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発

低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発

研究報告コード R030000140
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 香山 晃
研究者所属機関
  • 京都大学エネルギー理工学研究所
研究機関
  • 京都大学
報告名称 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発
報告概要 一次エネルギーの熱変換技術を基本とする環境低負荷型発電システムを成立させるには、耐熱性やその他の厳しい環境に対する耐性に優れた高性能なエネルギー材料が必要です。本研究では、SiC/SiCやW/W複合材料などの開発基礎研究を通して高性能エネルギー材料(低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料)創製及びこれらの材料を用いるシステム要素の製作・特性評価について開発戦略の基礎の確立をめざします。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000140_01SUM.gif
研究分野
  • セラミック材料試験
  • ガスタービン
  • 繊維材料一般
  • 用途開発
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「環境低負荷型の社会システム」 研究代表者 香山 晃
研究報告資料
  • 香山 晃. 環境低負荷型の社会システム 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.567 - 596.

PAGE TOP