TOP > 研究報告検索 > 応用展開に向けた「ジーンセレクター」研究

応用展開に向けた「ジーンセレクター」研究

研究報告コード R030000169
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 梅原 崇史
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 応用展開に向けた「ジーンセレクター」研究
報告概要 真核細胞生物においてDNAに関わる反応の中心的制御因子ヒストンの機能発揮の分子基盤を本研究によって明らかにした。1つは、クロマチン構造変換反応(SPT表現型)、転写伸長反応(6-aza-Uracil感受性)、生育系の3反応系に関与するヒストンのアミノ酸残基の特定化に成功した。もう1つは、ヒストンを介したこれらの反応に関わる「ジーンセレクター」を単離することに成功した。今回作製したヒストンの包括的なアミノ酸点変異株は、遺伝子発現や、DNA修復、組換などの各反応におけるヒストンの機能を詳細に明らかにできるばかりでなく、「ジーンセレクター」の発現・単離にも極めて有効であり、染色体のクロマチン、ヌクレオソーム構造変換の分子機構解析に新しい方向性を提示した。将来は基礎的研究のみでなく、目的とした蛋白質に1アミノ酸レベルのピンポイントで薬理活性を示す化合物等の発見を目指した応用研究が期待される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000169_01SUM.gif R030000169_02SUM.gif R030000169_03SUM.gif
研究分野
  • 生物学的機能
  • 遺伝子の構造と化学
関連発表論文 (1) Yamaki, M., Umehara, T., Chimura, T. & Horikoshi, M. Cell death with predominant apoptotic features in Saccharomyces cerevisiae mediated by deletion of the histone chaperone ASF1/CIA1. Genes Cells, 6, 1043-1054 (2001)
(2) Umehara, T., Chimura, T., Ichikawa, N. & Horikoshi, M. Polyanionic stretch-deleted histone chaperone cia1/Asf1p is functional both in vivo and in vitro. Genes Cells, 7, 59-73 (2002)
(3) Kimura, A., Umehara, T. & Horikoshi, M. Chromosomal gradient of histone acetylation established by Sas2p and Sir2p acts as an anti-silencing shield. Nature Genet., revised
(4) Umehara, T., Kimura, A. & Horikoshi, M. Independent control of chromosome termini by histone acetyltransferase Sas2p and histone chaperone Cia1p/Asf1p. submitted
(5) Hayakawa, C., Kijima, K., Ishiwa, S., Umehara, T. & Horikoshi, M. Caenorhabditis elegans nucleosome assembly protein-1 is required for meiotic chromosome segregation. in preparation
(6) Umehara, T., Munemasa, Y., Kataoka, K. & Horikoshi, M. Spermatogenesis-specific histone chaperone regulating sperm chromatin decondensation. in preparation
(7) Matsubara, K., Kimura, A., Umehara, T. & Horikoshi, M. Bromodomain-containing TFIID subunit recruits histone chaperone Cia1p in responce to acetylation of histone H2A. in preparation
(8) Munemasa, Y., Chimura, T., Umehara, T. & Horikoshi, M. TFIID subunit TAFII67 disassembles nucleosomes to facilitate chromatin transcription. in preparation
(9) 梅原崇史,堀越正美「RNAポリメラーゼIII転写の理解」遺伝子発現, 187-203 (2001)
(10) 梅原崇史,木村暁,堀越正美 出芽酵母サイレンシング因子群の全ゲノムに対する遺伝子発現制御活性の解析 第22回日本分子生物学会年会 福岡, Dec. (1999) 日本分子生物学会講演要旨集 219.
(11) 八巻真理子,梅原崇史,千村崇彦,堀越正美 CIA遺伝子欠損により誘導された出芽酵母S.cerevisiaeの細胞死 第22回日本分子生物学会年会 福岡, Dec. (1999) 日本分子生物学会講演要旨集 578.
(12) Ito, S., Yamaki, M., Umehara, T., Chimura, T., Horikoshi, M. Functional analysis of histone chaperone CIA. 2000 FASEB Summer Research Conferences on Transcriptional Regulation During Cell Growth, Differentiation and Development. Colorado, USA, June (2000)
(13) Yamaki, M., Umehara, T., Chimura, T., Horikoshi, M. Deletion of histone chaperone CIA induces apoptosis in budding yeast. 4th EMBL Transcription Meeting. Heidelberg, Germany, Aug. (2000)
(14) 梅原崇史,堀越正美 サイレンシング変異解析から示された染色体末端の遺伝子発現障壁構造 第73回 日本生化学会大会 横浜, Oct. (2000) 日本生化学会発表抄録集 970.
(15) 梅原崇史,堀越正美. 出芽酵母染色体末端の遺伝子発現障壁構造. 第23回日本分子生物学会年会. 神戸, Dec. (2000). 日本分子生物学会講演要旨集 652.
(16) 梅原崇史,堀越正美 ヒストンシャペロンCIAの酸性ドメイン機能解析 第74回 日本生化学大会 京都, Oct. (2001) 日本生化学会発表抄録集 712.
(17) 松原和子,梅原崇史,作野剛士,堀越正美 クロマチン構造変換反応におけるヒストンの役割 第24回日本分子生物学会年会 横浜, Dec. (2001) 日本分子生物学会講演要旨集 394.
(18) 宗政歓子,梅原崇史,千村崇彦,堀越正美 ヒストンシャペロンとして機能する転写基本因子の機能解析 第24回日本分子生物学会年会 横浜, Dec. (2001) 日本分子生物学会講演要旨集 321.
研究制度
  • 創造科学技術推進事業 堀越ジーンセレクタープロジェクト
研究報告資料
  • 梅原 崇史. 応用展開に向けた「ジーンセレクター」研究. 創造科学技術推進事業 堀越ジーンセレクタプロジェクトシンポジウム「ジーンセレクタ ~遺伝子発現の主役~」(研究期間:1997-2002),2002. p.85 - 103.

PAGE TOP