TOP > 研究報告検索 > 野生マウスの体内回路網形態と行動

野生マウスの体内回路網形態と行動

研究報告コード R030000172
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 小出 剛
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 野生マウスの体内回路網形態と行動
報告概要 遺伝的に異なった動物が示す多様な行動パターンを制御する遺伝的プログラミングは、いったいどのようなものであろうか。全ての個体が同じ数の遺伝子を有し、遺伝子構造の違いもそれほどないとすると、行動の違いをもたらす遺伝的多型は非常に微妙なものであると考えられる。このような行動の違いをもたらす遺伝子多型を明らかにすることによって、遺伝子の機能を多様性に結びつくものとして理解していくことをねらいとする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000172_01SUM.gif R030000172_02SUM.gif R030000172_03SUM.gif
研究分野
  • 遺伝学研究法
  • 動物生理一般
関連発表論文 (1) Sato, H., Koide, T., Sagai, T. Ishiguro, S., Tamai, M., Saitou, N., Shiroishi, T.: The genomic organization of type I keratin genes in mice. Genomics, 56, 303-309, 1999
(2) Shum, A.S.W., Poon, L.L.M., Tang, W.W.T., Koide, T., Chan, B.W.H., Leung, Y-C. G., Shiroishi, T. and Coop, A.J.: Retinoic acid induces down regulation of Wnt-3a, apoptosis and diversion of tail bud cells to a neural fate in the mouse embryo. Mechanisms of Development 84, 17-30, 1999.
(3) Koide, T., Moriwaki, K., Ikeda, K., Niki, H. and Shiroishi, T.: Multi-phenotype behavioral characterization of inbred strains derived from wild stocks of Mus musculus. Mammalian Genome 11, 664-670, 2000
(4) Watanabe, T., Yoshimura, A., Mishima, Y., Endo, Y., Shiroishi, T., Koide, T., Sasaki, H., Asakura, H., Kominami, R.: Differential chromatin packaging of genomic imprinted regions between expressed and non-expressed alleles. Human Molecular Genetics 9, 3029-3035, 2000.
(5) Furuse, T., Blizard, D.A., Moriwaki, K., Miura, Y., Yagasaki, K., Shiroishi, T., Koide, T.: Genetic diversity underlying capsaicin intake in the Mishima battery of mouse strains. Brain Research Bulletin (special issue) in press.
(6) 小出剛:野生マウスの行動遺伝学.アニテックス 12:63-70, 2000.
(7) 小出剛,森脇和郎,城石俊彦:野生由来マウス系統にみられる受動的回避行動多様性とその遺伝学的解析へのアプローチ,第59回日本動物心理学会,金沢,5月, 1999
(8) 小出剛:近交系マウスの使い分け 野生由来マウスを用いた行動研究,第5回日本行動薬理研究会,岡山,8月, 1999
(9) 小出剛,森脇和郎,城石俊彦:野生由来近交系マウスに見られる行動の遺伝学的解析,第71回日本遺伝学会,広島,9月, 1999
(10) Koide T., Moriwaki K., Shiroishi T., Characterization of behavioral diversity in the inbred strains established from wild mice. 13th International Mouse Genome Conference, Philadelphia, USA, October-November, 1999
(11) 小出剛,森脇和郎,城石俊彦:学習記憶能力と自発運動性の行動遺伝学的解析,第47回日本実験動物学会,徳島,5月, 2000
(12) Koide T., Furuse T., Moriwaki K., Shiroishi T. Mapping of the genes responsible for the performance in the passive avoidance test using strains derived from wild mice. Narita, Japan, November, 2000
(13) Shimizu K., Ishijima J., Kikkawa Y., Yonekawa H., Tsukahara K., Hirasawa T., Makino S., Koide T., Wakana S., Balling R., Shiroishi T. Ribosomal protein L38 is essential for early embryogenesis and skeletal patterning of mice. Narita, Japan, November, 2000
(14) 小出剛,古瀬民生:野生由来マウス系統を用いた行動遺伝学,国立遺伝学研究所研究会「動物行動の遺伝学」,三島,10月, 2000
(15) 小出剛,古瀬民生,森脇和郎,城石俊彦:受動的回避能力に関わる遺伝子の単離に向けた行動遺伝学的研究,第48回日本実験動物学会,横浜,5月, 2001
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 小出 剛. 野生マウスの体内回路網形態と行動. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.29 - 37.

PAGE TOP