TOP > 研究報告検索 > 線虫の化学走性行動の分子遺伝学 :神経回路の形とはたらき

線虫の化学走性行動の分子遺伝学 :神経回路の形とはたらき

研究報告コード R030000173
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 古賀 誠人
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 線虫の化学走性行動の分子遺伝学 :神経回路の形とはたらき
報告概要 NaCl やアミノ酸、cAMP 等の水溶性物質に対する化学走性行動は線虫にとって餌を探し当てるという生死に関わる最重要な行動だと考えられる。この化学走性行動に異常を示す突然変異体を徹底的に分離し、その原因遺伝子をクローニング、その発現場所、機能について主に分子遺伝学的方法で解析する。これにより、化学走性行動を産み出す機構を神経回路の形と働きの両面から明らかにすることがねらいである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000173_01SUM.gif R030000173_02SUM.gif R030000173_03SUM.gif
研究分野
  • 遺伝的変異
関連発表論文 (1) Mayumi Murakami, Makoto Koga and Yasumi Ohshima. (2001) DAF-7/TGF-β expression required for larval development in C. elegans is controled by presumed guanylyl cyclase DAF-11. Mechanisms of Development (in press).
(2) 古賀誠人,村上真弓,間瀬慶子,大島靖美.日本遺伝学会第73回大会 (2001) 線虫C.elegansの化学走性ミュータントの分離と解析。
(3) Hiroyuki Nakano, Okiko Uchida, Makoto Koga and Yasumi Ohshima. 14th International Congress of Developmental Biology, symposium (2001). CHE-1, a zinc-finger transcriptional factor regulates expression of signaling molecules in ASE chemosensory neurons in C. elegans.
(4) Makoto Koga and Yasumi Ohshima. 13th International C. elegans Meeting (2001). Isolation and analysis of chemotaxis mutants in C. elegans.
(5) Takashi Murayama, Makoto Koga and Yasumi Ohshima. 13th International C. elegans Meeting (2001). Isolation and analysis of mutants abnormal in orientation to food.
(6) Mayumi Murakami, Makoto Koga and Yasumi Ohshima. 13th International C. elegans Meeting (2001). DAF-7/TGF-β expression required for larval development in C. elegans is controled by presumed guanylyl cyclase DAF-11.
(7) 古賀誠人,大島靖美.第23回日本分子生物学会年会 (2000年) 線虫C.elegansの化学走性ミュータントの分離と解析
(8) 村山孝,古賀誠人,大島靖美。第23回日本分子生物学会年会 (2000年) C.elegansの餌に対する行動異常変異体の単離と解析
(9) 村上真弓,古賀誠人,大島靖美。第23回日本分子生物学会年会 (2000年) 線虫C.elegansのDAF-11グアニル酸シクラーゼはdauer幼虫形成を抑えるDAF-7/TGF-βの発現に必要である
(10) 中野寛之,内田興子,古賀誠人,大島靖美。第23回日本分子生物学会年会 (2000年) 線虫C.elegansの化学走性に関わるche-1遺伝子の機能解析
(11) M. Murakami, M. Koga, Yasumi Ohshima.第2回C. elegans 日本集会 (2000). DAF-11 guanylyl cyclase is required for DAF-7 TGF-β expression to inhibit dauer-larva formation in C. elegans.
(12) Hiroyuki Nakano, Okiko Uchida, Makoto Koga and Yasumi Ohshima. 第2回 C. elegans 日本集会 (2000). Functional analysis of the che-1 gene involved in chemotaxis of C. elegans.
(13) 村上真弓,古賀誠人,大島靖美。第22回日本分子生物学会年会 (1999年) 線虫C.elegansのdaf-7遺伝子の発現調節機構の解析
(14) 内田興子,中野寛之,古賀誠人,大島靖美。第22回日本分子生物学会年会 (1999年) 線虫C.elegansの化学走性に関わる遺伝子che-1はGLASSに似たzinc-finger型転写因子をコードしている。
(15) Okiko Uchida, Makoto Koga and Yasumi Ohshirna. 12th International C. elegans Meeting (1999). Cloning of che-1 gene involved in chemotaxis of C. elegans
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 古賀 誠人. 線虫の化学走性行動の分子遺伝学 :神経回路の形とはたらき. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.39 - 46.

PAGE TOP