TOP > 研究報告検索 > 細胞内小器官ゴルジ体の層板形成機構

細胞内小器官ゴルジ体の層板形成機構

研究報告コード R030000174
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 近藤 久雄
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 細胞内小器官ゴルジ体の層板形成機構
報告概要 細胞を構成する細胞内小器官はそれぞれ特有な形をしているが、その形態はどうやって形成され、そしてその機能とどのような関係にあるのであろうか。細胞内小器官を形成するためには、細胞内膜融合が必要であるが、その内の主要な経路の一つ、p97/p47 経路の新規必須因子を同定することにより、細胞内小器官の形成過程を明らかにする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000174_01SUM.gif R030000174_02SUM.gif R030000174_03SUM.gif
研究分野
  • 細胞構成体一般
関連発表論文 (1) Uchiyama, K., Jokitalo, E., Kano, F., Zhang, X., Murata, M., Newman, R., Canas. B., Pappin, D., Freemont, P., and Kondo, H. VRF135, a novel essential factor for p97-mediated membrane fusion, recycles the p97/p47/SNARE complex. submitted to Cell
(2) Kano, F., Kondo, H., Yamamoto, A., Uchiyama, K., Hosokawa, N., Nagata, K., and Murata, M. NSF/SNAPs and p97/p47/VRF135 are sequentially required for cell cycle-dependent reformation of the ER-network. submitted to Cell
(3) Yuan, X., Shaw, A., Zhang, X., Kondo, H., Lally, J., Freemont, P.S., and Matthews, S. (2001). Solution structure and interaction surface of the C-terminal domain from p47: a major p97-cofactor involved in SNARE disassembly. J Mol Biol. in press
(4) 近藤久雄,加納ふみ,村田昌之,細胞内膜融合機構p97/p47経路の細胞周期調節,第54回日本細胞生物学会シンポジウム「リン酸化による細胞分裂制御」
(5) 近藤久雄,内山圭司,Eija Jokitalo,加納ふみ,Xiaodong Zhang,村田昌之,Richard Newman,Benito Canas,Darryl Pappin,Paul Freemont,膜融合機構p97/p47経路の新規因子について,第24回日本分子生物学会シンポジウム「細胞内メンブレントラフィック」
(6) 加納ふみ,近藤久雄,細川暢子,永田和宏,村田昌之,セミインタクト細胞を用いた細胞周期依存的なERダイナミクスの再構成と解析,第54回日本細胞生物学会シンポジウム「シグナル分子のイメージング」
(7) Paul Freemont, Xiaodong Zhang, Anthony Shaw, Paul Bates, Richard Newman, Brent Gowen, Elena Orlova, Michael Gorman, Hisao Kondo, Pawel Dokurno, John Lally, Gordon Leonard, Hemmo Mayer, and Marin van Heel. Syructure of the AAA ATPase p97, International Meeting, Cellular Functions of AAA proteins
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 近藤 久雄. 細胞内小器官ゴルジ体の層板形成機構とその機能. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.47 - 53.

PAGE TOP