TOP > 研究報告検索 > 2つのT-box遺伝子産物As-TとAs-T2の形とはたらき

2つのT-box遺伝子産物As-TとAs-T2の形とはたらき

研究報告コード R030000178
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 高橋 弘樹
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 2つのT-box遺伝子産物As-TとAs-T2の形とはたらき
報告概要 T 遺伝子は、T-boxと呼ばれるDNA 結合部位を含む新規の転写因子をコードし、脊椎動物では脊索の分化と尾を含む体幹後部の形成に重要な働きをもつ。As-T およびAs-T2 をそれぞれ過剰発現させると、As-Tは脊索の分化を、As-T2は筋肉の分化を異所的に誘導する。すなわち、非常によく似たT-boxを持つ転写因子の一方が脊索細胞の分化を、もう一方が筋肉細胞の分化を制御する。それではどのようにしてAs-T は脊索を作りAs-T2 は筋肉を作るのか。本研究においては、この2 つのT-box 遺伝子産物As-T およびAs-T2 のダイナミックな機能を追跡した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000178_01SUM.gif R030000178_02SUM.gif R030000178_03SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
関連発表論文 (1) Mitani, Y., Takahashi, H. & Satoh, N. Regulation of muscle-specific expression and function of an ascidian T-box gene, As-T2. Development. in press (2001).
(2) Takahashi, H. & Satoh, N. Trunk lateral cell-specific genes of the ascidian Halochynthia roretzi. Zoological Science 18, 361-366 (2001).
(3) Hotta, K., Takahashi, H., Asakura, T., Saitoh, B., Takatori, N., Satou, Y. & Satoh, N. Characterization of Brachyury-downstream notochord genes in the Ciona intestinalis embryo. Dev. Biol. 223, 68-80 (2000).
(4) Takahashi, H., Hotta, K., Erves, A., Gregorio, A.D., Zeller, R.W., Levine, M. & Satoh, N. Brachyury-downstream notochord differentiation in the ascidian embryo. Genes & Dev. 13, 1519-1523 (1999).
(5) Takahashi, H., Mitani, Y., Satoh, G. & Satoh, N. Evolutionary alterations of the minimal promoter for notochord-specific Brachyury expression in ascidian embryos. Development. 126, 3725-3734 (1999).
(6) Hotta, K., Takahashi, H., Erves, A., Levine, M. & Satoh, N. Temporal expression patterns of thirty-nine Brachyury-downstream genes associated with notochord formation in Ciona intestinalis embryo. Dev. Growth Differ. 41, 657-664 (1999).
(7) Mitani, Y., Takahashi, H. & Satoh, N. An ascidian T-box gene As-T2 is related to theTbx6 subfamily and is associated with embryonic muscle cell differentiation. Developmental Dynamics. 215, 62-68 (1999).
(8) 高橋弘樹.動物の発生におけるTボックス遺伝子の機能進化.蛋白質・核酸・酵素, Vol.46, No.10, 1349-1357 (2001).
(9) 佐藤矩行・高橋弘樹・堀田耕司.ホヤの脊索形成機構.細胞工学, Vol.20, No.3, 417-419 (2001).
(10) 高橋弘樹・佐藤矩行.Brachyury.「BioScience用語ライブラリー」転写因子<第2版>(田村隆明,山本雅之,安田國雄 編)羊土社, 184-185 (1999).
(11) Satoh, N., Hotta, K., Satoh, G., Taguchi. S, Yasuo, H., Tagawa, K., Takahashi, H. & Harada, Y., Developmental Mechanisms Underlying the Origin and Evolution of Chordates. In “The Biology of Biodiversity”, (ed. Kato, M.), Springer, 209-222 (1999).
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 高橋 弘樹. 2つのT-box遺伝子産物As-TとAs-T2の形とはたらき. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.85 - 93.

PAGE TOP