TOP > 研究報告検索 > 細胞内情報伝達機構の1分子イメージング

細胞内情報伝達機構の1分子イメージング

研究報告コード R030000185
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 船津 高志
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 細胞内情報伝達機構の1分子イメージング
報告概要 生命現象は、多数の生体分子の相互作用によって引き起こされている。これらの分子間相互作用が、細胞内の"どこ"で、どのような"タイミング"で起こっているかを明らかにするためには、従来の細胞をすりつぶして解析する生化学的な手法や、固定した細胞を用いた生体分子の観察法では、多数の分子の平均を解析するため限界がある。本研究では、生細胞の内部で蛍光標識した1分子の生体分子をビデオレートで可視化する技術を開発し、この技術を用いてmRNA の核内運動を解析した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000185_01SUM.gif R030000185_02SUM.gif R030000185_03SUM.gif
研究分野
  • 生体の顕微鏡観察法
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1) Yamaguchi J., Nemoto N., Sasaki T., Tokumasu A., Mimori-Kiyosue Y., Yagi T., and Funatsu T. 2001. Rapid functional analysis of protein-protein interactions by fluorescent C-terminal labeling and single-molecule imaging. FEBS Lett. 502: 79-83.
(2) Taguchi H., Ueno T., Tadakuma H., Yoshida M., and Funatsu T. 2001. Single- Molecule Observation of Protein-Protein Interactions in the Chaperonin System. Nature Biotech. in press
(3) Tadakuma H., Yamaguchi J., Ishihama Y., and Funatsu T. 2001. Imaging of Single Fluorescent Molecules Using Video-rate Confocal Microscopy. Biochem. Biophys. Res. Commun. in press.
(4) Tadakuma H., Shibuya T., Ishihama Y., Tani T., and Funatsu T. Single-molecule observation of mRNA moving within a nucleus of a living cell. submitted.
(5) 齋藤究,船津高志 1999.「近接場光学の原理と生物科学への応用」蛋白質核酸酵素 vol.44(5月号)No.6 pp.807-811
(6) 船津高志 1999.「1分子の生体高分子を観て操る」高分子 vo1.48 pp.906-909.
(7) 船津高志,多田隈尚史 1999.「1分子蛍光イメージング法」non-RI実験の最新プロトコール(羊土社:栗原靖之,武内恒成,松田洋一編)pp.165-166.
(8) 船津高志(編)「生命科学を拓く新しい光技術」1999.(総186ページ,共立出版)
(9) 船津高志,多田隈尚史 1999.「タンパク質の動き」顕微鏡フル活用術イラストレイテッド 基礎から応用まで(秀潤社:稲沢譲治,津田均,小島清嗣 監修)pp.171-174.
(10) 多田隈尚史,船津高志 2000.「生きた細胞の核内mRNAの1分子蛍光イメージング」細胞工学 20:672-677
(11) 多田隈尚史,阿藤淳一郎,石浜陽,羽原靖晃,谷時雄,船津高志 1999.核内におけるmRNAの運動の1分子イメージング 日本生物物理学会第37回年会 生物物理 39:S207.
(12) 多田隈尚史,阿藤淳一郎,羽原靖晃,谷時雄,船津高志 1999. mRNAの核内運動の1分子蛍光イメージング 第72回 日本生化学会大会 生化学 71:788.
(13) H. Tadakuma, T. Shibuya, Y. Ishihama, J. Atoh, Y. Habara, T. Tani, and T. Funatsu. 2000. Imaging of single mRNA molecules moving within a nucleus of living cells. 8th International conference on laser applications in life sciences.
(14) 多田隈尚史,山口淳一,上野太郎,石浜陽,船津高志 2000.1分子蛍光イメージング法を用いた生体分子の観察 日本生物物理学会第38回年会 生物物理 40:S14.
(15) 多田隈尚史,渋谷利治,石浜陽,谷時雄,船津高志 2000.細胞核内のmRNA1分子の動きを観察する 日本生物物理学会第38回年会生物物理 40:S77.
(16) 山口淳一,香月康孝,船津高志 2000.ネイティブキネシンの運動の蛍光一分子イメージング 第9回日本バイオイメージング学会学術集会
(17) Tadakuma H., Shibuya T., Ishihama Y., Atoh, J., Habara Y., Tani T., and Funatsu T. 2001. Imaging of single mRNA molecules moving within a nuclear of living cells. 45th Annual meeting of Biophysical Society, U.S.A.. Biophysical J. 80: 148a.
(18) 山口淳一,根本直人,佐々木亨,徳増亜古,船津高志 2001.蛍光ピューロマイシンと1分子蛍光イメージング法を用いた蛋白質間相互作用の新しい機能解析法 第1回日本蛋白質科学会年会 要旨集 pp.414
(19) Ishihama Y., Tadakuma H., Shibuya T., Tani T., and Funatsu T. 2001. Imaging of single mRNA molecules moving within a nucleous of living cells. 4th International Conference on Biological Physics. July 30-August 3, 2001. Kyoto International Conference Hall, Kyoto, Japan. Abstracts p.41.
(20) Nemoto N., Yamaguchi J., Sasaki T., Tokumasu A., Mimori-Kiyosue Y., Yagi T., and Funatsu T. 2001. Rapid functional analysis of protein-protein interactions by fluorescent C-terminal labeling and single-molecule imaging. 4th International Conference on Biological Physics. July 30-August 3, 2001. Kyoto International Conference Hall, Kyoto, Japan. Abstracts p.64.
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 船津 高志. 細胞内情報伝達機構の1分子イメージング. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.151 - 160.

PAGE TOP