TOP > 研究報告検索 > 動的らせん分子の創製と応用

動的らせん分子の創製と応用

研究報告コード R030000188
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 八島 栄次
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 動的らせん分子の創製と応用
報告概要 核酸や蛋白質などの生体高分子はいずれも左右どちらか一方向に片寄ったらせん構造を形成し、その高度の機能の発現と深く関わっている。らせん構造はキラルであって左右どちらか一方向に片寄ったらせんは光学活性となる。本研究は、高分子の高次構造の最も基本的ならせん構造に着目し、その形の制御とはたらきの発現を、純粋に化学的手法にのっとり、行おうとするものである。目指すらせんは動的ならせんであり、しかも外部の刺激、特にキラルな刺激に対して応答し、左右どちらか一方向巻きからなるらせん構造を形づくる分子の創製である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000188_01SUM.gif R030000188_02SUM.gif R030000188_03SUM.gif
研究分野
  • 高分子の立体構造
  • 分子構造
関連発表論文 (1) Memory of Macromolecular Helicity Assisted by Interaction with Achiral Small Molecules. E. Yashima, Y. Maeda, and Y. Okamoto, Nature, 399, 449-451 (1999).
(2) Synthesis and Macromolecular Helicity Induction of a Stereoregular Polyacetylene Bearing a Carboxy Group with Natural Amino Acids in Water. M.A. Saito, K. Maeda, H. Onouchi, and E. Yashima, Macromolecules, 33, 4616-4618 (2000).
(3) Helicity Induction and Conformational Dynamics of Poly(bis(4-carboxyphenoxy)phosphazene) with Optically Active Amines. E. Yashima, K. Maeda, and T. Yamanaka, J. Am. Chem. Soc., 122, 7813-7814 (2000).
(4) Stereospecific Polymerization of Propiolic Acid with Rhodium Complexes in the Presence of Bases and Helix Induction on the Polymer in Water. K. Maeda, H. Goto, and E. Yashima, Macromolecules, 34, 1160-1164 (2001).
(5) A Helical Polyelectrolyte Induced by Specific Interactions with Biomolecules in Water. H. Onouchi, K. Maeda, and E. Yashima, J. Am. Chem. Soc., 123, 7441-7442 (2001).
(6) Switching of a Macromolecular Helicity for Visual Distinction of Molecular Recognition Events. E. Yashima, K. Maeda, and O. Sato, J. Am. Chem. Soc., 123, 8159-8160 (2001).
(7) Helix Formation of Poly(phenylacetylene) Derivatives Bearing Amino Groups at the Meta Position Induced by Optically Active Carboxylic Acids. K. Maeda, S. Okada, E. Yashima, and Y. Okamoto, J. Polym. Sci. Part A, Polym. Chem., 39, 3180-3189 (2001).
(8) ポリマーへのらせん誘起とその記憶 八島栄次,前田勝浩,岡本佳男,化学と工業,52, 1389-1393 (1999).
(9) らせん高分子を自在につくる 八島栄次,現代化学,No.12, 52-59 (2000).
(10) 未来材料としての新構造高分子-らせん高分子- 八島栄次,未来材料,1, 18-25 (2001).
(11) 人工らせん分子 八島栄次,化学フロンティア4「生命化学のニューセントラルドグマ」テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの-,杉本直己編,化学同人,(2001),印刷中。
(12) 分子のらせん構造の自己修復 八島栄次,化学と教育,49, 126-128 (2001).
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 八島 栄次. 動的らせん分子の創製と応用. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.181 - 188.

PAGE TOP