TOP > 研究報告検索 > ジイミン白金錯体における構造制御と発光状態の変革

ジイミン白金錯体における構造制御と発光状態の変革

研究報告コード R030000195
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 加藤 昌子
研究者所属機関
  • 奈良女子大学大学院人間文化研究科
研究機関
  • 奈良女子大学
報告名称 ジイミン白金錯体における構造制御と発光状態の変革
報告概要 金属錯体は、有機-無機複合系として多様でフレキシブルな構造秩序体を形成しうる。また、錯体内および錯体間や他の分子との間に働く様々な相互作用によって制御され、特異な性質の発現をもたらす。従って、相互作用因子を抽出、制御することにより、金属錯体構造秩序体では種々の相や状態の構築およびその変換が比較的容易に実現可能と考えられる。本研究は、このような概念に基づき、未開拓の領域である発光性金属錯体に注目して、センサー機能やプローブ機能を発揮するような錯体の構築に取り組んできた。特に、平面四配位型の錯体単位がスタックして金属間相互作用を生じると、室温でも強い発光を示すジイミン白金(II)錯体に焦点を絞って、発光状態を変化させる様々な要因とその挙動を解明しながら系の探索を行った。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000195_01SUM.gif R030000195_02SUM.gif
研究分野
  • 錯体のルミネセンス
  • 白金族元素の錯体
関連発表論文 (1) Luminescence Properties and Crystal Structures of Dicyano(diimine)platinum(II) Complexes Controlled by Pt Pt and π-π Interactions, M. Kato, C. Kosuge, K. Morii, et al., Inorg. Chem., 38, 1638-1641 (1999).
(2) “有機EL素子ははどのようにして光るのか??電気化学発光の検討”,加藤昌子,化学,54, 65-66 (1999).
(3) Anion-Controlled ?-Stack of (Ethylenediamine-N,N')(1,10-phenanthroline-N,N')platinum(II). M. Kato and J. Takahashi, Acta Crystallogr., C55, 1809-1812 (1999).
(4) Studies of the Lowest Excited Triplet State of [Pt(i-biq)(CN)2] by means of Time-Resolved EPR and Optical Spectroscopy, T. Funayama, M. Kato, H. Kosugi, M. Yagi, J. Higuchi and S. Yamauchi, Bull. Chem. Soc., Japan, 73, 1541-1550 (2000).
(5) Luminescence Properties and Assembled Structures of Dicyano(diimine)platinum(II) Complexes in Glassy Solution, M. Kato, M. Kozakai, C. Fukagawa, T. Funayama and S. Yamauchi, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 343, 35-40 (2000).
(6) Stereoselective Inclusion and Structure of Equatrial-trans-1,2-dichlorocyclohexane, M. Kato, K. Tanaka and F. Toda, Suplamol. Chem., 13, 175-180 (2001).
(7) Selective Formation of the Integrated Stacks of (α-Diimine)(ethylenediamine)platinum(II) and Neutral π Systems of the Phenanthrene Type, M. Kato, J. Takahashi, Y. Sugimoto, C. Kosuge, S. Kishi and S. Yano, J. Chem. Soc., Dalton Trans., 747-752 (2001).
研究制度
  • さきがけ研究21 「状態と変革」領域
研究報告資料
  • 加藤 昌子. ジイミン白金錯体における構造制御と発光状態の変革. 「さきがけ研究21」研究報告会 「状態と変革」領域 第2期研究者 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.13 - 14.

PAGE TOP