TOP > 研究報告検索 > 相同組換えにおけるホリデー中間体プロセッシングの機構

相同組換えにおけるホリデー中間体プロセッシングの機構

研究報告コード R030000212
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 岩崎 博史
研究者所属機関
  • 横浜市立大学大学院総合理学研究科生体超分子システム科学専攻
研究機関
  • 横浜市立大学
報告名称 相同組換えにおけるホリデー中間体プロセッシングの機構
報告概要 遺伝的相同組換えは、生物界に普遍的かつ重要な生理機能にもかかわらず、その反応中間体として形成されたホリデー構造がプロセスされるメカニズムは、長い間不明であった。我々は、大腸菌RuvA RuvB RuvC タンパク質がホリデー構造のプロセッシングに直接関わり、組換え体分子の生成の過程に働くことを明らかにしていた。そこで本研究では、RuvABC が触媒する反応機構の詳細を解明するとともに、真核生物における組換え中間体のプロセッシングに関わる因子の同定を目指した。
研究分野
  • 分子構造
  • 分子遺伝学一般
関連発表論文 (1) Hishida,T., Iwasaki, H., Ohno, T., Morishita, T., and Shinagawa, H. (2001). A yeast gene, MGS1, encoding a DNA-dependent AAA+ ATPase is required to maintain genome stability. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 98, 8283-8289.
(2) Yamada, K., Kunishima, N., Mayanagi, K., Ohnishi, T., Nishino, T., Iwasaki, H., Shinagawa, H., and Morikawa, K. (2001). Crystal structure of the Holliday junction migration motor protein RuvB from Thermus thermophilus HB8. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 98, 1442-1447.
(3) Yoshikawa, M., Iwasaki, H., and Shinagawa, H. (2001). Evidence that phenylalanine 69 in Escherichia coli RuvC resolvase forms a stacking interaction during binding and destabilization of a Holliday junction DNA substrate. J. Biol. Chem. 276, 10432-10436.
(4) Ariyoshi, M., Nishino, T., Iwasaki, H., Shinagawa, H., and Morikawa, K. (2000). Crystal structure of the Holliday junction DNA in complex with a single RuvA tetramer. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 97, 8257-8262.
(5) Tsutsui, Y., Morishita, T., Iwasaki, H., Toh, H., and Shinagawa, H. (2000). A recombination repair gene of Schizosaccharomyces pombe, rhp57, is a functional homolog of the Saccharomyces cerevisiae RAD57 gene and is phylogenetically related to the human XRCC3 gene. Genetics 154, 1451-1461.
研究制度
  • さきがけ研究21 「素過程と連携」領域
研究報告資料
  • 岩崎 博史. 相同組換えにおけるホリデー中間体プロセッシングの機構. 「さきがけ研究21」研究報告会 「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.6 - 7.

PAGE TOP