TOP > 研究報告検索 > 蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構 -アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットと機能・調節の多様性-

蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構 -アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットと機能・調節の多様性-

研究報告コード R030000214
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 金井 好克
研究者所属機関
  • 杏林大学医学部薬理学教室
研究機関
  • 杏林大学
報告名称 蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構 -アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットと機能・調節の多様性-
報告概要 細胞膜を介する物質輸送は、トランスポーター(輸送体)と呼ばれる膜タンパク質によって行われる。従来トランスポーターは、単一のタンパク質で機能すると考えられていたが、我々は哺乳類アミノ酸トランスポーターの分子クローニングの過程で、ヘテロ2量体構造をとるトランスポーターを見出した。本研究は、アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットを明らかにし、タンパク質間相互作用により機能と調節の多様性が生みだされる機構を明らかにすることを目指した。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1) Segawa, H., Fukasawa, Y., Miyamoto, K., Takeda, E.. Endou, H., and Kanai, Y. (1999). Identification and functional characterization of a Na+-independent neutral amino acid transporter with broad substrate selectivity. J. Biol. Chem. 274, 19745-19751.
(2) Chairoungdua, A., Segawa, H., Kim, J.Y., Miyamoto, K., Haga, H., Fukui, Y., Mizoguchi, K., Ito, H., Takeda, E., Endou, H., and Kanai, Y. (1999). Identification of an amino acid transporter associated with the cystinuria-related type II membrane glycoprotein. J. Biol. Chem. 274, 28845-28848.
(3) Fukasawa, Y. Segawa, H., Kim, J.Y., Chairoungdua, A., Kim, D.K., Matsuo, H., Cha, S.H., Endou, H., and Kanai, Y. (2000). Identification and characterization of a Na+-independent neutral amino acid transporter that associates with the 4F2 heavy chain and exhibits substrate selectivity for small neutral D- and L-arnino acids. J. Biol. Chem. 275, 9690-9698.
(4) Kanai, Y., Fukasawa, Y., Cha, S.H., Segawa, H., Chairoungdua, A., Kim, D.K., Matsuo, H., Kim, J.Y., Miyamoto, K., Takeda, E., and Endou, H. (2000). Transport properties of a system y+L neutral and basic amino acid transporter: Insights into the mechanisms of substrate recognition. J. Biol. Chem. 275, 20787-20793.
(5) Kim, D.K., and Kanai, Y., Chairoungdua, A., Matsuo, H., Cha, S.H., and Endou, H. (2001). Expression cloning of a Na+-independent aromatic amino acid transporter with structural similarity to H+/monocarboxylate transporters. J. Biol. Chem. 276, 17221-17228.
研究制度
  • さきがけ研究21 「素過程と連携」領域
研究報告資料
  • 金井 好克. 蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構. 「さきがけ研究21」研究報告会 「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.10 - 11.

PAGE TOP