TOP > 研究報告検索 > DNA複製の再開始制御機構の解明 -真核生物のDNA複製制御に関する生化学的アプローチ-

DNA複製の再開始制御機構の解明 -真核生物のDNA複製制御に関する生化学的アプローチ-

研究報告コード R030000220
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 水島 徹
研究者所属機関
  • 岡山大学薬学部
研究機関
  • 岡山大学
報告名称 DNA複製の再開始制御機構の解明 -真核生物のDNA複製制御に関する生化学的アプローチ-
報告概要 遺伝情報の複製という、生物にとって根本的な役割を担うDNA の複製反応は、細胞増殖の調節点としても重要である。従って、DNA 複製開始の制御機構、即ち、複製開始時に複製開始因子を活性化する機構と、それ以外の時期に複製開始因子を不活性化しておく機構は重要である。私は大腸菌の複製開始因子DnaA のATP 結合とATPase 活性が、DnaA の活性化と不活性化にそれぞれ関与していることを見出した。さきげけ研究21 では、このような複製制御機構が真核生物にも存在するかを検討した。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 遺伝学研究法
  • 遺伝子の複製
関連発表論文 (1) Hase, M., Yoshimi, T., Ishikawa, Y., Ohba, A., Guo, L., Mima, S., Makise, M., Yamaguchi, Y., Tsuchiya, T., and Mizushima, T. (1998). Site-directed mutational analysis for the membrane binding of DnaA protein. Identification of amino acids involved in the functional interaction between DnaA protein and acidic phospholipids. J. Biol. Chem. 273, 28651-28656.
(2) Kondo, T., Mima, S., Fukuma, N., Sekimizu, K., Tsuchiya, T., and Mizushima, T. (2000). Suppression of temperature-sensitivity of a dnaA46 mutant by higher DNA supercoiling. Biochem. J. 348, 375-379.
(3) Makise, M., Mima, S., Tsuchiya, T., and Mizushima, T. (2000). Identification of amino acids involved in the functional interaction between DnaA protein and acidic phospholipids. J. Biol. Chem. 275, 4513-4518.
(4) Mizushima, T., Takahashi, N., and Stillman, B. (2000). Cdc6p modulates the structure and DNA binding activity of the Origin Recognition Complex in vitro. Genes & Dev. 14, 1631-164.
(5) Makise, M., Mima, S., Tsuchiya, T., and Mizushima, T. (2001). Molecular mechanism for functional interaction between DnaA protein and acidic phospholipids; identification of important amino acids. J. Biol. Chem. 276, 7450-7456.
研究制度
  • さきがけ研究21 「素過程と連携」領域
研究報告資料
  • 水島 徹. DNA複製の再開始制御機構の解明 -真核生物のDNA 複製制御に関する生化学的アプローチ-. 「さきがけ研究21」研究報告会 「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.24 - 25.

PAGE TOP