TOP > 研究報告検索 > 酵母の形態形成と細胞増殖との連携制御機構 -シグナル伝達分子と新規連携制御系-

酵母の形態形成と細胞増殖との連携制御機構 -シグナル伝達分子と新規連携制御系-

研究報告コード R030000221
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 平田 大
研究者所属機関
  • 広島大学大学院先端物質科学研究科
研究機関
  • 広島大学
報告名称 酵母の形態形成と細胞増殖との連携制御機構 -シグナル伝達分子と新規連携制御系-
報告概要 細胞形態制御は、細胞増殖(分化・細胞周期)と連動している。細胞形態は、細胞内外の多様な変化に応答するシグナル伝達経路によって制御される。それら多様なシグナルの最終到達点は、一細胞そのものであることから、形態形成を理解する上で、単一細胞における形態形成制御機構の理解が重要である。本研究では、出芽によって増殖する酵母と分裂によって増殖する酵母を使って、形態形成と細胞増殖とを連携制御する機構、具体的には、シグナル伝達経路を構成する分子や新規連携制御系の同定を目指した。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1) Suda, M., Fukui, M., Sogabe, Y., Sato, K., Morimatsu, A., Arai, R., Motegi, F., Miyakawa, T., Mabuchi, I., and Hirata D. (1999). Overproduction of elongation factor 1α, an essential translational component causes aberrant cell morphology by affecting the control of growth polarity in fission yeast Genes Cells 4, 517-527.
(2) Katayama, S., Hirata, D., Arellano, M., Perez, P. and Toda, T. (1999). Fission yeast α-glucan synthase Mok1 requires the actin cytoskeleton to localize the sites of growth and plays an essential role in cell morphogenesis downstream of protein kinase C function. J. Cell Biol. 144, 1173-1186.
(3) Radcliffe, P.A., Hirata, D., Vardy, L., and Toda, T. (1999). Functional dissection and hierarchy of tubulin-folding cofactor homologues in fission yeast Mol. Biol. Cell 10, 2987-3001.
(4) Suda, M., Yamada, S., Toda, T., Miyakawa, T., and Hirata, D., (2000). Regulation of Weel kinase in response to protein synthesis inhibition. FEBS Letters 486, 305-309.
(5) Mizunuma, M., Hirata, D., Miyaoka, R., and T. Miyakawa. (2001). GSK-3 kinase Mck1 and calcineurin coordinately mediate Hsl1 down regulation by Ca2+ in budding yeast EMBO J. 20, 1074-1085.
研究制度
  • さきがけ研究21 「素過程と連携」領域
研究報告資料
  • 平田 大. 酵母の形態形成と細胞増殖との連携制御機構 -シグナル伝達分子と新規連携制御系-. 「さきがけ研究21」研究報告会 「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.26 - 27.

PAGE TOP