TOP > 研究報告検索 > 体軸形成におけるWntシグナル伝達経路とAxinの役割 -Wntシグナル伝達を制御する新規分子の同定-

体軸形成におけるWntシグナル伝達経路とAxinの役割 -Wntシグナル伝達を制御する新規分子の同定-

研究報告コード R030000222
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 岸田 昭世
研究者所属機関
  • 広島大学医学部生化学第一教室
研究機関
  • 広島大学
報告名称 体軸形成におけるWntシグナル伝達経路とAxinの役割 -Wntシグナル伝達を制御する新規分子の同定-
報告概要 Wnt(ウイント)は分泌性のタンパク質で、そのシグナルは受容体から細胞内のDvl、GSK-3β、Axinへと伝達され、β-カテニンのリン酸化と分解を抑制する。その結果、β-カテニン/転写因子TCF複合体の形成と、それに続く標的遺伝子の発現がおこり、発生時の体軸や体節の形成、細胞の増殖や分化が制御される。本研究では、Axinがリン酸化酵素GSK-3β結合タンパク質であることに着目し、タンパク質のリン酸化や相互作用によって、Wntシグナルの伝達が制御される分子機構の解明と、この経路を制御する新規タンパク質の同定を目指した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000222_01SUM.gif
研究分野
  • 生物学的機能
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1) Hino, S.-I., Kishida, S., Michiue, T., Fukui, A., Sakamoto, I., Takada, S., Asashima, M., and Kikuchi, A. (2001). Inhibition of Wnt signaling pathway by Idax, a novel Dvl-binding protein. Mol. Cell. Biol. 21, 330-342.
(2) Hinoi, T., Yamamoto, H., Kishida, M., Takada, S., Kishida, S., and Kikuchi, A. (2000). Complex formation of adenomatous polyposis coli gene product and Axin facilitates glycogen synthase kinase-3 β-dependent phosphorylation of β-catenin and downregulates β-catenin. J. Biol. Chem. 275, 34399-34406.
(3) Kadoya, T., Kishida, S., Fukui, A., Hinoi, T., Michiue, T., Asashima, M., and Kikuchi, A. (2000). Inhibition of Wnt signaling pathway by a novel Axin-binding protein. J. Biol. Chem. 275, 37030-37037.
(4) Kishida, S.,Yamamoto, H., Hino, S.-L., Ikeda, S., Kishida, M., and Kikuchi, A. (1999). DIX domains of Dvl and Axin are necessary for protein interactions and their ability to regulate β-catenin stablity. Mol. Cell. Biol. 19, 4414-4422.
(5) Sakamoto, I, Kishida, S. Fukui, A., Kishida, M., Yamamoto, H., Hino. S.-1., Michiue, T., Takada, S., Asashima, M., and Kikuchi, A. (2000). A novel β-catenin binding protein inhibitsβ-catenin-dependent Tcf activation and axis formation. J. Biol. Chem. 275, 32871-32878.
研究制度
  • さきがけ研究21 「素過程と連携」領域
研究報告資料
  • 岸田 昭世. 体軸形成におけるWntシグナル伝達経路とAxinの役割 -Wntシグナル伝達を制御する新規分子の同定-. 「さきがけ研究21」研究報告会 「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.28 - 29.

PAGE TOP