TOP > 研究報告検索 > 見て触って楽しいデザイン ~ゲーム性を取り入れた学習支援

見て触って楽しいデザイン ~ゲーム性を取り入れた学習支援

研究報告コード R030000235
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 楠 房子
研究者所属機関
  • 多摩美術大学美術学部デザイン学科
研究機関
  • 多摩美術大学
報告名称 見て触って楽しいデザイン ~ゲーム性を取り入れた学習支援
報告概要 インターネットを用いてのグループ学習の支援システムを開発するには、教室での集合学習でのコンピュータ利用での分析が不可欠であり、さらに、分析単位を反応・動作のレベルではなく、学習者の継続的活動のレベルにおくことが必要である。本研究では、学習者間の相互作用や議論を通して学び合う過程を支援する、すなわち学習者が中心となり、自らが学習(プロセスおよびシステム)をデザインできる(learner-centered design )ことが必要だという考え方に立ち、研究を進める。本研究では、このような考え方を基に開発者が決めたコンテンツ(学校のカリキュラムの部分集合)と、実際に使うユーザである学習者や現場の先生にニーズとかけはなれたものにならないよう、ユーザである学習者の視点を取り入れたシステムを構築し、学校教育の現場で実践を行うことに取り組む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000235_01SUM.gif R030000235_02SUM.gif R030000235_03SUM.gif
研究分野
  • 医学総論一般
  • CAI
  • 計算機シミュレーション
関連発表論文 (1) Kusunoki, F., Sugimoto, M., Hashizume, H.: “A Networked Board System for Supporting Collaborative Learning”, In Proc. of European Conference on Computer Supported Collaborative Learning (Euro-CSCL), Maastricht, The Netherlands, pp.714-715, 2001.
(2) Sugimoto, M., Kusunoki, F., Hashizume: “A System for Supporting Group Activities with a Sensor-Embedded Board” In Proc. Of the Seventh European Conference on Computer Supported Cooperative Work,Bonn, Germany, pp.25-30, 2001.
(3) Sugimoto, M., Kusunoki, F., Hashizume, H.: “A User Interface for Accessing Information Spaces by the Manipulation of Physical Objects”, In Proc. of International Conference on Human-Computer Interaction, New Orleans. LA, pp.56-60, 2001.
(4) Sugimoto, M., Kusunoki, F., Hashizume, H.: “ePro: A System for Supporting Collaboration that Enhances Interactions”, In Proceedings of IEEE Systems, Man, and Cybernetics 2000 Conference (SMC2000), Nashville, TN, pp.745-750, 2000.
(5) 楠房子,杉本雅則,橋爪宏達:思考の外化を支援することによるグループ学習支援システム,電子情報通信学会論文誌, Vol.J83-DI, No.6, pp.580-587, 2000.
(6) Kusunoki, F., Sugimoto, M., Hashizume, H: “How can CSCL Systems Support Pupils' externalization?”, In Proceedings of International Workshop on New Technologies for Collaborative Learning (NTCL2000), Hyogo, Japan, pp.109-118, 2000.
(7) Kusunoki, F., Sugimoto, M., Hashizume, H.: “Discovering How Other Pupils Think by Collaborative Learning in a classroom”, In Proc. of Knowledge-based Intelligent Engineering Systems & Allied Technologies (KES2000), Brighton, UK, pp.667-670, 2000.
(8) Kusunoki, F., Sugimoto, M., Hashizume, H.: “Toward the Integration of Physical and Virtual Worlds for Supporting Group Learning,” In Digital Cities: Technologies, Experiences, and Future Perspectives, Springer-Verlag, pp.224-235, 2000.
(9) Kusunoki, F., Sugimoto, M.,: “A System for Supporting Group Learning that Enhances Interactions”, Computer Supported Collaborative Learning Conference at Stanford (CSCL'99). pp.323-327, Dec. 1999.
(10) 楠房子,杉本雅則,橋爪宏達:“相互作用の促進を目指したグループ学習支援システム”,インタラクション2000,インタラクティブ発表賞 March, 2000.
研究制度
  • さきがけ研究21 「情報と知」領域
研究報告資料
  • 楠 房子. 見て触って楽しいデザイン ~ゲーム性を取り入れた学習支援. 「さきがけ研究21」研究報告会 「情報と知」領域 講演要旨集 第II期研究者(研究期間:1998-2001),2001. p.49 - 56.

PAGE TOP