TOP > 研究報告検索 > ネットワーク環境を利用した仮説推論

ネットワーク環境を利用した仮説推論

研究報告コード R030000240
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 山本 章博
研究者所属機関
  • 北海道大学工学研究科電子情報工学専攻
研究機関
  • 北海道大学
報告名称 ネットワーク環境を利用した仮説推論
報告概要 ネットワークという高度な情報交換技術が出現した今日において、ネットワーク上には様々な情報が分散している。本研究は、このような情報を知識として取り出し、できる限り目標を特化しながら有効につなぎあわせ、新たな知識を仮説という形で導き出すための基礎技術を開発する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000240_01SUM.gif R030000240_02SUM.gif R030000240_03SUM.gif
研究分野
  • 計算機利用技術一般
  • 情報処理一般
関連発表論文 (1) Yamamoto, A.: Hypothesis Construction and Network, Joint Seminar on Theories and Applications of Discovery Science, The University of New South Wales, Sydney (1999).
(2) Yamamoto, A.: Relative Least Generalization Revisited, Second Joint Seminar on Theories and Applications of Discovery Science, The University of New South Wales, Sydney (2000).
(3) 山本章博:Herbrandの定理に基づく仮説生成,2000年度人工知能学会全国大会講演論文集,287-290 (2000).
(4) Yamamoto, A.: New Conditions for the Existence of a Least Generalization under Relative Subsumption, Proceedings of the 10th International Workshop on Inductive Logic Programming, (Lecture Notes in Artificial Intelligence 1866), 253-264, Springer (2000).
(5) 山本章博:XML文書を扱う論理プログラミング処理系の試作,人工知能学会知識ベース研究会資料,SIG-KBS-A003, 67-68 (2000).
(6) 山本章博,伊藤公人,石野明:生垣論理プログラミングによる情報の抽出と変換,2001年度人工知能学会全国大会講演論文集,CD-ROM (2001).
(7) Yamamoto, A.: Hypothesis Finding based on Upward Refinement of Residue Hypotheses─extended abstract─, In Proceedings of the Workshop on Logic and Learning affiliated with LICS 2001 (2001).
(8) 菊池敏幸,山本章博:様々な知識発見システムを比較可能にする環境の構築,人工知能学会知識ベース研究会資料,SIG-KBS-A101, 49-55 (2001).
(9) Yamamoto, A., Ishino, A., Ito, K. and Arimura, H.: Modelling Semi-structured Documents with Hedges for Deduction and Induction, Proceedings of the 11th International Workshop on Inductive Logic Programming, (Lecture Notes in Artificial Intelligence 2157), 240-247, Springer (2001).
(10) Yamamoto, A. and Fronhoefer, B.: Hypothesis Finding by Inverted Deduction of Residue Hypotheses, Technical University of Darmstadt, Darmstadt (2001).
(11) Yamamoto, A and Fronfoefer, B.: Finding Hypotheses by Generalizing Residue Hypotheses, the Work in Progress session in the 11th International Workshop on Inductive Logic Programming, Strasbourg (2001).
(12) Yamamoto, A.: Hypothesis Finding based on Upward Refinement of Residue Hypotheses, to appear in Theoretical Computer Science.
(13) 菊池敏幸,山本章博:様々な発見の論理を統一的に利用可能な環境の構築,人工知能学会誌(投稿中)。
研究制度
  • さきがけ研究21 「情報と知」領域
研究報告資料
  • 山本 章博. ネットワーク環境を利用した仮説推論. 「さきがけ研究21」研究報告会 「情報と知」領域 講演要旨集 第II期研究者(研究期間:1998-2001),2001. p.95 - 102.

PAGE TOP