TOP > 研究報告検索 > 市場メカニズムに基づく計算資源割り当て方式

市場メカニズムに基づく計算資源割り当て方式

研究報告コード R030000248
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 松本 尚
研究者所属機関
  • 東京大学理学部情報科学科
研究機関
  • 東京大学
報告名称 市場メカニズムに基づく計算資源割り当て方式
報告概要 単体の計算機の能力を越えた性能を安価に実現するために、複数の計算機を一つの大きなシステムとして使用する計算機クラスタシステムが実用化されつつある。計算機クラスタシステムは、オフィスや研究所にある計算機を安価な標準品のネットワークによって接続して構成される。このクラスタシステムの上で効率良くかつ公平に仕事を行うことを可能にする計算資源の割り当て方式を構築することが本研究の目標である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000248_01SUM.gif R030000248_02SUM.gif R030000248_03SUM.gif
研究分野
  • 計算機ソフトウエア一般
  • 計算機システム開発
  • 計算機システム運用管理
  • システムプログラミング一般
  • オペレーティングシステム
関連発表論文 (1) 松本尚,平木敬:自由市場原理に基づくスケジューリング方式.電子情報通信学会研究会報告, Vol.99, No.251, pp.63-70 (August 1999).
(2) 松本尚:アクセス方法及びアクセス処理プログラムを記録した記録媒体.科学技術振興事業団,特願平11-255272 (September 1999).
(3) 松本尚:プロセッサ.科学技術振興事業団,特願平11-354203 (December 1999).
(4) Sasaki, S., Matsumoto, T., Hiraki, K.: On the Schedulability Conditions on Partial Time Slots. Proceedings of 6th Int. Conf. on Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA '99), pp.166-173 (December 1999).
(5) 松本尚:NICを活用したネットワークRAID方式の提案.情報処理学会研究会報告 Vol.2000, No.74, pp.79-84(August 2000).
(6) 大平怜,松本尚,平木敬:汎用クラスタ上の資源情報を用いたHTTPサーバにおける負荷分散性能の評価 情報処理学会研究会報告 Vol.2000, No.75, pp.31-38 (August 2000).
(7) 松本尚:高性能組み込み用プロセッサアーキテクチャの検討.電子情報通信学会技術研究報告,CPSY, Vol. 100, No.248, pp.17-24 (August 2000).
(8) 田中清史,松本尚:実時間処理RISCコアCasablancaの評価.電子情報通信学会技術研究報告,CPSY, Vol.100, No.248, pp.25-32 (August 2000).
(9) Matsumoto, T.: A Study on Memory-Based Communications and Synchronization in Distributed Memory Systems. Dissertation Thesis, Graduate School of Science, University of Tokyo (February 2001).
(10) 丹羽純平,松本尚,平木敬:ソフトウェアDSM機構を支援する最適化コンパイラ.情報処理学会論文誌 Vol.42, No.4, pp.879-897 (April 2001).
(11) 松本尚:メモリベース通信ファシリティの評価.電子情報通信学会技術研究報告,CPSY, Vol.101, No.329, pp.31-40( October 2001).
研究制度
  • さきがけ研究21 「情報と知」領域
研究報告資料
  • 松本 尚. 市場メカニズムに基づく計算資源割り当て方式. 「さきがけ研究21」研究報告会 「情報と知」領域 講演要旨集 第II期研究者(研究期間:1998-2001),2001. p.157 - 165.

PAGE TOP