TOP > 研究報告検索 > 巻貝の左右性とはたらき

巻貝の左右性とはたらき

研究報告コード R030000250
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 浅見 崇比呂
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 巻貝の左右性とはたらき
報告概要 動物は、内臓の形にあきらかなとおり、左右が非対称な形をしている。このからだの左右軸(極性)が反転した鏡像体は一般に進化していない。対照的に巻貝では、巻き方向だけではなく、体中の左右がすべて反転した左巻と右巻の鏡像体がくりかえし進化した。しかし左巻は、約7万種の巻貝のうち1 割にみたない。この巻貝の左右進化には、左右の生態(はたらき)をめぐる疑問が累積するものの、実証的な研究は皆無に等しい。本研究の究極目的は、野生の集団にみつかる鏡像遺伝子に着目し、その生態(はたらき)と進化プロセスを追究し、鏡像体の進化を妨げる、または促進する原因を検証することにある。この目的を遂行するために、(1)遺伝システム、(2)発生システム、(3)行動生態、(4)左右二型の時空動態、の4つの問題にアプローチした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000250_01SUM.gif R030000250_02SUM.gif R030000250_03SUM.gif
研究分野
  • 集団遺伝学
  • 進化論一般
  • 個体群生態学
  • 動物形態学・解剖学一般
  • 発生・成長の生理一般
関連発表論文 (1) Hiroshi Fukuda, Takahiro Asami, Hiroyoshi Yamashita, Masanori Sato, Shigeo Hori and Yasuhiro Nakamura, “Marine molluscan and brachiopod fauna of Tanoura, Nagashima Island, Kaminoseki-cho, Yamaguchi Prefecture, Japan,” Yuriyagai 2000, 7, 115-196.
(2) Keiichi Seki, Shin-ichi Inoue and Takahiro Asami, “Geographical distributions of sibling species of land snails Bradybaena pellucida and B. similaris in the Boso Peninsula.” Venus 2002, 61, 41-48.
(3) 浅見崇比呂,「らせんと体軸の鏡像進化-個体群の中の左右性」,遺伝, 1999, 53, 12:43-46.
(4) 浅見崇比呂,「カタツムリのメス化」,環境ホルモンの社会(吉村仁他編), 2002, pp.92-98, 三学出版.
(5) 浅見崇比呂,「カタツムリ・モノアラガイ(有肺類)Pulmonata」細胞工学, 2002, 21, 2-3.
(6) Takahiro Asami, Robert Cowie and Kako Ohbayashi, Evolution of left-right asymmetry in snails: pattern & process, 44th NIBB Conference, Okazaki, March 21-23, 2000.
(7) Takahiro Asami, Evolution of left-right asymmetry: why isn't the snail mirror flat? World Congress of Malacology 2001, Vienna, August 19-25, 2001.
(8) Ueshima, R. and Asami, T. 2003. Single-gene speciation by left-right reversal. Nature, 425:679.
(9) Endo, K., Sarashina, I., and Asami,T. 2004. Lymnaea stagnalis as a Model Organism for Studies of Calcium Carbonate Biomineralization, In Kobayashi, I. (ed.) Biomineralization: formation, diversity, evolution and application, Tokai University Press., pp. 172-175.
(10) Hoso, M., Asami, T. and Hori, M. 2007. Right-handed snakes:
convergent evolution of asymmetry for functional specialization. Biology Letters, 3:169-172.
(11) Sutcharit, C., Asami, T. and Panha, S. 2007. Evolution of whole-body enantiomorphy in the tree snail genus Amphidromus. Journal of Evolutionary Biology, 20:661-672.
(12) Hayashi S, Ohkawa K, Suwa Y, Sugawara T, Asami T, Yamamoto H. 2008. Fibrous and helical calcite crystals induced by synthetic polypeptides containing o-phospho-L-serine and o-phospho-L-threonine. Macromolecular Bioscience, 8:46-59
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 浅見 崇比呂. 巻貝の左右性とはたらき. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.3 - 13.

PAGE TOP