TOP > 研究報告検索 > 人工触媒で水が付加する反応の位置や立体を制御する

人工触媒で水が付加する反応の位置や立体を制御する

研究報告コード R030000254
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 徳永 信
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団
報告名称 人工触媒で水が付加する反応の位置や立体を制御する
報告概要 本研究では「水」や「アミン」などの単純な物質を反応剤として活用することを目標に(1)アルキンの水和反応、(2)アルキンのアミノ化反応、(3)エステルの加水分解反応の、3 つのテーマで研究を展開した。(1)においては、採用時点で既に開発していた末端アルキンの水和反応の、選択性改良、収率改良、触媒回転数の改良、また反応機構の解明などを目標においた。(2)においては、採用時点で既に開発していた末端アルキンのヒドロアミノ化反応の有機合成的応用や反応機構解明などを目標にした。(3)においては、高濃度でエステルなどの加水分解反応を行うことができる触媒反応の開発を目標にした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000254_01SUM.gif R030000254_02SUM.gif R030000254_03SUM.gif
研究分野
  • 反応速度論・触媒一般
  • 均一系触媒反応
  • 遷移金属錯体一般
  • 有機化学反応一般
関連発表論文 (1) M. Tokunaga and Y. Wakatsuki,“ルテニウム触媒によるアルキンへの付加反応” 有機合成化学協会誌, 2000, 58, 587-596.
(2) T. Suzuki, M. Tokunaga and Y. Wakatsuki, “Ruthenium Complex-Catalyzed anti-Markovnikov Hydration of Terminal Alkynes.” Org. Lett., 2001, 3, 735-737.
(3) M. Tokunaga, M. Ota, M. Haga and Y. Wakatsuki, “A Practical One-pot Synthesis of 2,3-Disubstituted Indoles from Unactivated Anilines.” Tetrahedron Lett., 2001, 42, 3865-3868.
(4) M. Tokunaga, T. Suzuki, N. Koga, T. Fukushima, A. Horiuchi and Y. Wakatsuki, “Ruthenium Catalyzed Hydration of 1-Alkynes to Give Aldehydes : The insight into the anti-Markovnikov Regiochemistry.” J. Am. Chem. Soc., 2001, 123, 11917-11924.
(5) M. Tokunaga “単純な反応剤による実用反応の可能性” 有機合成化学協会誌, 2001, 59, 486-487.
(6) M. Tokunaga, T. Suzuki, N. Koga, T. Fukushima, A. Horiuchi, M. Eckert, M. Ota, M. Haga, T. Honda and Y. Wakatsuki, “Hydration and Hydroamination of 1-Alkynes with ruthenium catalysts.” RIKEN Review., 2001, 42, 53-56.
(7) M. Tokunaga, M. Eckert, Y. Wakatsuki, “Ruthenium Catalyzed Intermolecular Hydroamination of Terminal Alkynes : A Practical Synthesis of Aromatic Ketimines” 名古屋COE-RCMSコンファレンス,名古屋,1月7日 (2000)
(8) M. Tokunaga, M. Ota, M. Haga, Y. Wakatsuki, “Highly Efficient Synthesis of Indoles from Anilines and Propargyl Alcohols via Ruthenium Catalyzed Intermolecular Hydroamination.” 2000環太平洋化学国際会議,Honolulu,Hawaii,USA 12月15日 (2000)
研究制度
  • さきがけ研究21 「形とはたらき」領域
研究報告資料
  • 徳永 信. 人工触媒で水が付加する反応の位置や立体を制御する. 「さきがけ研究21」研究報告会 「形とはたらき」領域 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.49 - 58.

PAGE TOP