TOP > 研究報告検索 > 溶液からの結晶成長の精密制御

溶液からの結晶成長の精密制御

研究報告コード R030000261
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 島田 敏宏
研究者所属機関
  • 東京大学大学院理学系研究科
研究機関
  • 東京大学
報告名称 溶液からの結晶成長の精密制御
報告概要 溶液中での結晶成長機構を探求し、有機導体をはじめとするさまざまな物質を1分子層単位で成長する手法を開発する。その手法を用いて有機導体の単結晶超薄膜や超格子を作成し、表面電子分光やさまざまな物性測定を行い新物性の発現を追究する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000261_01SUM.gif
研究分野
  • 結晶学一般
  • 結晶成長一般
  • 結晶成長技術・装置
  • 有機化合物の結晶成長
関連発表論文 (1) “Surface migration dynamics of a planar organic molecule studied by pulsed molecular beam scattering”, T. Shimada, J. Koide, R. Hashimoto, Y. Kamimuta, A. Koma, Surf. Sci. 470, L52 (2000).
(2) “Nucleation control in organic selective epitaxy by pulsed molecular beam technique”, K.A. Cho, T. Shimada, A. Koma. Physica E 7, 887 (2000).
(3) “Epitaxial growth and electronic structure of a C60 derivative prepared by using a solution spray technique”, T. Shimada, et al., J. Appl. Phys. 90, 209 (2001).
(4) “Ordered growth and crystal structures of Alq3 on alkali halide surfaces”, H. Ichikawa, T. Shimada, A. Koma. Jpn. J. Appl. Phys. 40, L225 (2001).
(5) “Control of initial growth processes of epitaxial films using pulsed molecular beams”, T. Shimada, K.A. Cho, A. Koma, Phys. Rev. B 63, 153404 (2001)
(6) “Electron spectroscopy of C60 thin film FET structures”, T. Shimada, A. Koma, Jpn. J. Appl. Phys. 41, 2724 (2002)
(7) “分子エレクトロニクスのためのドライプロセス”,島田敏宏,化学工業 56, 668 (2001).
(8) “Electronic structure of interfaces between organic molecules and van der Waals surfaces”, T. Shimada and A. Koma, in “Condugated polymer and molecular interfaces: Science and Technology for photonic and optoelectronic applications”, eds. Salaneck et al., Marcel Dekker, New York, 2001, pp.248-2651 and pp.811-816.
(9) “Photoelectron spectroscopy of methyl-terminated Si(111) surfaces”, T. Miyadera, A. Koma, T. Shimada, Surf. Sci. in press.
(10) “Electron spectroscopy of chemically synthesized ionic ZnS clusters”, Y. Kamimuta, A. Koma, T. Shimada, Solid State Commun. submitted.
研究制度
  • さきがけ研究21 「状態と変革」領域
研究報告資料
  • 島田 敏宏. 溶液からの結晶成長の精密制御. 「さきがけ研究21」「状態と変革」研究領域 第3回終了報告会 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.9 - 10.

PAGE TOP