TOP > 研究報告検索 > 量子常誘電相の解明と光誘起強誘電相転移

量子常誘電相の解明と光誘起強誘電相転移

研究報告コード R030000263
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 田中 耕一郎
研究者所属機関
  • 京都大学大学院理学研究科
研究機関
  • 京都大学
報告名称 量子常誘電相の解明と光誘起強誘電相転移
報告概要 低温で103-104 におよぶ巨大な誘電率を有する量子常誘電相は、強誘電相転移の前駆的状態が何かの原因で凍結されたものと考えることができる。誘電率を担う揺らぎの原因について様々な議論がなされてきたが、統一的見解は未だに得られていない。Muller(IBM Zurich Lab.)らが最近HeⅡに相当する量子状態であるというモデルを提案したが、その時空間コヒーレンスの有無は未解明のままである。本研究では量子常誘電体の低温相の秩序状態を解明するために、代表的な量子常誘電体であるチタン酸ストロンチウムとタンタル酸カリウムの単結晶を作成し、フェムト秒レーザーをもちいたハイパーレイリー散乱強度の温度変化、角度依存性、時間相関を調べることにより反転対称の破れの時空間相関を明らかにする。また、テラヘルツ分光やフォノンエコーにより量子揺らぎに本質的な役割を果たしていると考えられるフォノンに関する知見を得る。さらに、バンドギャップ励起を行うことにより、量子揺らぎを破壊し強誘電相転移の誘起を試みる。光照射により強誘電相転移が達成されれば、制御可能な相転移現象という特徴をいかした、核形成過程などの相転移ダイナミクスの研究への展開が期待される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000263_01SUM.gif R030000263_02SUM.gif
研究分野
  • 統計力学一般,多体問題
  • 原子・分子一般
  • 誘電体一般
  • 強誘電体,反強誘電体,強弾性
関連発表論文 (1) “Valence-Band Structures of Quasi-One-Dimensional Crystals C5H10NH2PbX3[X=I, Br]”, Jyunpei Azuma, Koichiro Tanaka, Masao Kamada, Ken-ichi Kan'no, J. Phys. Soc. Jpn., vol.71, No.11, (2002)
(2) “Two Types of Self-Trapped Excitons in a Quasi-One-Dimensional Crystal” Junpei Azuma, Koichiro Tanaka and Ken-ichi Kan'no J. Phys. Soc. Jpn. 71, 1-7 (2002)
(3) “Photo-induced polaron states in strontium titanate”, Tomoharu Hasegawa and Koichiro Tanaka, J. Luminescence 94-95 15-18 (2001).
(4) “Electron spin resonance study of the photo-induced phasetransition in the spin-crossover complex” Masanobu Shirai, Naoki Yonemura, Takeshi Tayagaki, Ken-ichi Kan'no and Koichiro Tanaka J. Luminescence 94-95 529-532 (2001).
(5) “Photoinduced phase transition to a new macroscopic phase in spin-crossover complex” Takeshi Tayagaki and Koichiro Tanaka, J. Luminescence 94-95 537-540 (2001).
(6) “Photoinduced phase transition to a new macroscopic spin-crossover-complex phase” Takeshi TAYAGAKI and Koichiro Tanaka, Phys. Rev. Lett 86 (2001), 2886
(7) “Symmetry lowering in the photoinduced phase in spin-crossover complexes” Takeshi TAYAGAKI, Koichiro TANAKA, Naoki YONEMURA, Masanobu SHIRAI, and Ken-ichi KAN'NO, International Journal of Modern Physics B, Vol.15, Nos.28, 29 & 30 (2001) 3709-3713
(8) “Retrieved Anisotropy of One-Dimensional Crystal Piperidinium-Triblomoplumbate” Junpei Azuma and Koichiro Tanaka, International Journal of Modern Physics B, Vol.15, Nos.28, 29 & 30 (2001) 3646-3650
(9) “Localizing nature of photo-excited states in SrTiO3” Tomoaki HASEGAWA, Masanobu SHIRAI and Koichiro TANAKA, Journal of Luminescence. 87-89 (2000), 1217-1219.
研究制度
  • さきがけ研究21 「状態と変革」領域
研究報告資料
  • 田中 耕一郎. 量子常誘電相の解明と光誘起強誘電相転移. 「さきがけ研究21」「状態と変革」研究領域 第3回終了報告会 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.13 - 14.

PAGE TOP