TOP > 研究報告検索 > 光を求めて動く葉緑体の運動機構の解明 ‐青色光受容体フォトトロピンの役割‐

光を求めて動く葉緑体の運動機構の解明 ‐青色光受容体フォトトロピンの役割‐

研究報告コード R030000270
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 加川 貴俊
研究者所属機関
  • 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所情報制御部門
研究機関
  • 岡崎国立共同研究機構
報告名称 光を求めて動く葉緑体の運動機構の解明 ‐青色光受容体フォトトロピンの役割‐
報告概要 動き回ることができない植物は、外界の環境を上手に感知し、様々な方法で対応している。特に周りの光を認識し、”もやし”のように伸長したり、光の方向に曲がったりしている。細胞内でも葉緑体の光環境に依存した定位運動が知られている。しかしながら、どんなタンパク質が光を受容しているかは知られていなかった。本研究ではこの葉緑体の位置を決めている光受容体を同定し、これらの光受容体が植物の生存における重要性を明らかにした。
研究分野
  • 光合成
  • 遺伝的変異
  • 植物の生化学
関連発表論文 (1) Kagawa, T. and Wada, M. (2002). Blue light induced chloroplast relocation. Plant Cell Physiol. 43, 367-371.
(2) Kagawa, T., Sakai, T., Suetsugu, N., Oikawa, K., Ishiguro, S., Kato, T., Tabata, S., Okada, S. and Wada, M. (2001). NPL1, a phototropin homologue, controls the chloroplast high-light avoidance response in Arabidopsis. Science 291, 2138-2141.
(3) Sakai, T., Kagawa, T., Kasahara, M., Swartz, T. E., Christie, J. M., Briggs, W. R., Wada, M. and Okada, K. (2001). Arabidopsis nph1 and npl1: Blue light receptors that mediate both phototropism and chloroplast relocation. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 98, 6969-6974.
(4) Kinoshita, T., Doi, M., Suetsugu, N., Kagawa, T., Wada, M. and Shimazaki, K. (2001). The phot1 and phot2 photoreceptors redundantly mediate blue light regulation of stomatal opening in Arabidopsis. Nature 414, 656-660.
(5) Kagawa, T. and Wada, M. (2000). Blue light-induced chloroplast relocation in Arabidopsis thaliana as analyzed by microbeam irradiation. Plant Cell Physiol. 41, 84-93.
研究制度
  • さきがけ研究21 「素過程と連携」領域
研究報告資料
  • 加川 貴俊. 光を求めて動く葉緑体の運動機構の解明 -青色光受容体フォトトロピンの役割-. 「さきがけ研究21」研究報告会 「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.10 - 11.

PAGE TOP