TOP > 研究報告検索 > 知覚情報基盤 -人の活動を認識するカメラネットワーク-

知覚情報基盤 -人の活動を認識するカメラネットワーク-

研究報告コード R030000274
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 石黒 浩
研究者所属機関
  • 和歌山大学
研究機関
  • 和歌山大学
報告名称 知覚情報基盤 -人の活動を認識するカメラネットワーク-
報告概要 本研究では、知覚情報基盤における実世界情報の獲得と表現、特にその情報獲得に関わる基本問題を解決するとともに、プロトタイプシステムを開発することを目的とした。知覚情報基盤とは、コンピュータネットワークにつながれた各コンピュータに、多数のセンサを備え付け、それらネットワークで結ばれた多数のセンサを介して得られる実時間の情報により、効果的に人間やロボット等、実世界で活動するエージェントの情報処理活動を支援するという、次世代のコンピュータネットワークである。この知覚情報基盤の設計・開発・利用におけるコンセプトは次の通りである。(1)多数のカメラやマイクロフォンを環境に設置し、環境で起こる事象を実時間で解析しながら、環境内で活動するエージェントを支援する。(2)センサの設置やネットワークの構成において、十分に柔軟なシステムを実現する。(3)センサは実時間で情報処理を可能とするために、それぞれ分散したコンピュータに接続され、ネットワークを介して情報交換を行う。(4)センサから得られる情報は実世界の事象の構造を反映しながら、センサのネットワークを動的に組織化することによって、表現され利用される。本研究では、上記のコンセプトの内、特に(1)と(2)について研究開発を行う。知覚情報基盤の研究を展開する上で重要なのが、知覚を担うセンサである。このセンサとして研究者が開発した全方位カメラをそのキーデバイスとして用いる。全方位カメラは、その視野の広さから環境を十分に覆うのに便利であるだけでなく、視線の制約を持たないために、センサ自身の位置決めが容易となるという情報基盤には非常に有利な特徴を持つ。この全方位カメラを用いて知覚情報基盤のプロトタイプである分散全方位視覚システムを構築し、それをもとに、知覚情報基盤の基本問題に取り組む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000274_01SUM.gif R030000274_02SUM.gif R030000274_03SUM.gif
研究分野
  • 情報工学一般
  • 研究開発
  • 情報工学基礎理論一般
関連発表論文 (1) 石黒浩,ロボットビジョンのための視覚システム,光学, Vol.30, pp.720-724, 2001.
(2) 十河卓司,石黒浩,分散全方位視覚の研究,情報処理学会論文誌コンピュータビジョンとイメージメディア, 2001. Vol.42, No.SIG 13(CVIM 3), pp.33-40, 2001.
(3) 西村拓一,十河卓司,小木しのぶ,岡隆一,石黒浩,動き変化に基づくview-based aspect modelによる動作認識,電子情報通信学会論文誌, D-II, Vol.J84-D-II, No.10, pp.2212-2223, 2001.
(4) 十河卓司,石黒浩,M.Trivedi,複数の全方位センサによる実時間人間追跡システム電子情報通信学会論文誌, Vol.J83-D-II, No.12, pp.2567-2577, 2000.
(5) H. Ishiguro, T. Nishimura, VAMBAM: View and motion based aspect models for distributed omnidirectional vision systems, Proc. Int. J. Conf. Artificial Intelligence, pp.1375-1380, 2001.
(6) K. Kato, H. Ishiguro, Matthew Barth, Town digitizing: Recording of street views by using omnidirectional vision sensors, Proc. Int. Conf. Industrial Electronics, Control and Instrumentation, pp.2571-2576, 2000.
(7) T. Sogo, H. Ishiguro, M. Trivedi, Real-time target localization and tracking by N-ocular stereo, Proc. IEEE Workshop on Omnidirectional Vision (OMNIVIS'00), pp.153-160, 2000.
(8) T. Nishimura, T. Sogo, R. Oka, H. Ishiguro, Recognition of human motion behaviors using multiple omni-directional vision sensors, Proc. Int. Conf. Industrial Electronics, Control and Instrumentation, pp.2553-2558, 2000.
(9) T. Nakamura, A. Ebina, M. Imai, T. Ogasawara, H. Ishiguro, Real-time identifying spatial configuration between multiple robots by triangle and enumeration constraints, Proc. Int. Conf. Intelligent Robots and Systems, pp.2048-2054, 2000.
(10) T. Sogo, H. Ishiguro, M. Trivedi, N-ocular stereo for real-time human tracking, In Ryad Benosman and Sing Bing Kang Eds., Panoramic Vision: Sensors, Theory and Applications, Springer-Verlag, Berlin, 2001.
(11) H. Ishiguro, K. Kato, M. Barth, Identification and localization of multiple omnidrectional vision sensors, In Ryad Benosman and Sing Bing Kang Eds., Panoramic Vision: Sensors, Theory and Applications, Springer-Verlag, Berlin, 2001.
研究制度
  • さきがけ研究21 「情報と知」領域
研究報告資料
  • 石黒 浩. 知覚情報基盤 -人の活動を認識するカメラネットワーク-. 「さきがけ研究21」研究報告会 「情報と知」領域 講演要旨集 第III期研究者(研究期間:1999-2002),2002. p.1 - 11.

PAGE TOP