TOP > 研究報告検索 > コンピュータの中の社会・経済 -人工社会・経済モデルによる意思決定支援システムの構築-

コンピュータの中の社会・経済 -人工社会・経済モデルによる意思決定支援システムの構築-

研究報告コード R030000279
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 和泉 潔
研究者所属機関
  • 産業技術総合研究所サイバーアシスト研究センター
研究機関
  • 産業技術総合研究所
報告名称 コンピュータの中の社会・経済 -人工社会・経済モデルによる意思決定支援システムの構築-
報告概要 本研究の目的は、社会・経済システムに参加している一人一人の行動が、社会や経済全体の動きとどのようにつながっているのかということを解明するために、人工社会・人工経済と呼ばれる新たなアプローチを提唱することである。人工社会および人工経済とは、その言葉の通り、計算機上に人の手によって人工的に作りだされた架空の社会現象や経済現象のことである。より具体的には、エージェントを基本単位とした、社会・経済構造を持つ、計算機プログラムのことである。いままでの社会・経済理論ではこれらの問題をうまく解明することは出来なかった。特に今までの経済理論では合理的な人間だけが存在する経済を想定して、個性の違いや、心理的な側面を軽視していたため、非現実的な経済しか仮定することが出来なかったからである。そこで私は、コンピュータの中に“人間の心理”を取り入れた架空の社会・経済現象、すなわち人工社会や人工経済を作り出し、それを分析することで現実の社会・経済現象を探ろうと考えた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000279_01SUM.gif R030000279_02SUM.gif R030000279_03SUM.gif
研究分野
  • 計算機シミュレーション
  • オペレーションズリサーチ一般
  • オペレーションズリサーチの基礎的数学理論
  • 数理計画法
関連発表論文 (1) 和泉潔 (2002年12月発刊予定),『人工市場:複雑系アプローチによる金融市場の分析』,森北出版.
(2) K. Izumi and K. Ueda (2002), “Analysis of Exchange Rate Scenarios Using an Artificial Market Approach”, in S.-H. Chen (eds.), “Evolutionary Computation in Economic and Finance”, Springer Verlag, pp.135-157.
(3) 安富歩・池上高志・和泉潔 (2002),「複雑系という科学」,吉田和男編,『複雑系経済学へのアプローチ』,東洋経済新報社, pp.21-48.
(4) K. Izumi (2002), An Artificial Market Analysis of Development of Market Complexity, in A. Namatame and T. Terano and K. Kurumatani (eds.), Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems, IOS Press, pp.47-58.
(5) K. Izumi (2001), Complexity of Agents and Complexity of Markets, in T. Terano, T. Nishida, A. Namatame. S. Tsumoto, Y. Osawa and T. Washio (eds.), New Frontiers in Artificial Intelligence, Springer Verlag, pp.110-120.
(6) K. Izumi and K. Ueda (2000), Learning of Virtual Dealers in an Artificial Market: Comparison with Interview Data, in K.S. Leung, L.-W. Chan and H. Meng (eds.), Intelligent Data Engineering and Automated Learning, Springer Verlag, pp.511-516.
(7) 和泉潔・植田一博 (2000),「金融市場における意図せざる協調現象:人工市場アプローチによる分析」,植田一博・岡田猛編,『協同の知を探る:創造的コラボレーションの認知科学』,共立出版, pp.199-227.
(8) K. Izumi, S. Nakamura and K. Ueda (to appear), Development of an Artificial Market Model Based on a Field Study, Information Sciences.
(9) 和泉潔 (2002),人工市場の作り方:ヤッコーにならないために,システム/制御/情報(システム制御情報学会誌), Vol.46 ,No.9, pp.547-554.
(10) K. Izumi and K. Ueda (2001), Phase Transition in a Foreign Exchange Market: Analysis Based on an Artificial Market Approach, IEEE Transactions on Evolutionary Computation, Vol.5, No.5, pp.456-470.
(11) 中村茂雄・和泉潔・植田一博 (2001),人工市場と実験市場の出会い:模擬トレーディング実験による新しいエージェントモデルの提唱,オペレーションズリサーチ, Vol.46, No.10, pp.549-554.
(12) 出口弘・和泉潔・塩沢吉典・高安秀樹・寺野隆雄・佐藤浩・喜多一 (2000),人工市場を研究する社会的および学問的意義,人工知能学会誌, Vol.15, No.6, pp.982-989.
(13) 和泉潔・植田一博 (2000),人工市場入門,人工知能学会誌, Vol.15, No.6, pp.941-950.
(14) 和泉潔・植田一博 (2000),人工市場アプローチによる為替シナリオの分析,コンピュータソフトウェア Vol.17, No.5, pp.47-54.
(15) K. Izumi (2002). Micro-macro relation in artificial market models, in A. Namatame, D. Green, Y. Aruka and H. Sato (eds.), Proceedings of the 6th International Conference on Complex Systems 2002, pp.36-43.
(16) K. Izumi (2002), Does Learning by Market Participants Make Financial Markets Complicated?, Multi-Agent Modeling and Simulation of Economic Systems: Papers from the AAAI Workshop Technical Report WS-02-10, AAAI Press, pp.11-15.
(17) K. Izumi, S. Nakamura and K. Ueda (2002), Identification of Agents' Strategy Making Process by an Experimental Market, in H. Caulfield, S.-H. Chen et.al. (eds.), Proceedings of the 6th Joint Conference on Artificial Intelligence, vol.2, pp.1081-1084.
(18) K. Izumi (2001), Analysis of the Relation between Complexity of Agents and Complexity of Markets in an Artificial Market, Proceedings of Fourth International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications (ICCIMA 2001), IEEE Computer Society, pp.29-33.
(19) K. Izumi (2001), Complexity of Agents and Complexity of Markets, in Proceedings of JSAI 2001 International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems (AESCS 2001), pp.201-208.
(20) K. Izumi and K. Ueda (2000), Phase Transition in a Foreign Exchange Market: Analysis Based on an Artificial Market Approach, in Proceedings of Symposium on Empirical Science of Financial Fluctuations, pp.33-34.
(21) K. Izumi and K. Ueda (2000), Analysis of Thought Processes of Virtual Dealers in an Artificial Market, in P. P. Wang (eds.), Proceedings of the Fifth Joint Conference on Artificial Intelligence, vol.2, pp.891-894.
(22) 和泉潔 (2002),人工市場:シミュレーションとフィールドワークの統合を目指して,日本シミュレーション&ゲーミング学会2002年度秋季大会発表論文集, pp.148-153, (基調講演).
(23) 和泉潔 (2002),人工社会・経済ソフトウェアの現状と展望,2002年度情報科学技術フォーラム, pp.63-64.
(24) 和泉潔・内田勇輔・植田一博 (2002),人工市場・模擬市場プロジェクトの紹介,2002年度情報科学技術フォーラム, pp.73-74.
(25) 和泉潔( 2002),人工市場研究について,日本応用数理学会2002年度年会 プログラム/要旨集, pp.51.
(26) 和泉潔 (2002),人工市場と実験市場の出会い,第48回シンポジウム論文集,オペレーションズリサーチ学会, pp.39-43.
(27) K. Izumi (2002), Analysis of the Relation between Complexity of Agents and Complexity of Markets in an Artificial Market, 情報処理学会研究報告 2002-ICS-127, pp.63-70.
(28) 和泉潔 (2001),人工市場におけるエージェントの複雑さと市場の複雑さの関係の分析,社会組織のマルチエージェントシステム分析,計測自動制御学会, pp.33-38.
(29) 和泉潔 (2001),個人の複雑さ,市場の複雑さ,情報処理学会研究報告 2001-ICS-123, pp.19-24.
(30) 中村茂雄・和泉潔・植田一博 (2001),為替ディーラーの意思決定の分析,情報処理学会研究報告 2001-ICS-123, pp.37-42.
(31) 和泉潔・植田一博 (2000),人工市場入門,情報処理学会研究報告 2000-ICS-119, pp.9-17.
(32) 和泉潔・植田一博 (2000),人工市場アプローチによる為替シナリオの分析,情報処理学会研究報告 2000-ICS-119, Vol.99, pp.1-8.
研究制度
  • さきがけ研究21 「情報と知」領域
研究報告資料
  • 和泉 潔. コンピュータの中の社会・経済 -人工社会・経済モデルによる意思決定支援システムの構築-. 「さきがけ研究21」研究報告会 「情報と知」領域 講演要旨集 第III期研究者(研究期間:1999-2002),2002. p.47 - 54.

PAGE TOP