TOP > 研究報告検索 > コヒーレンス場におけるデンドリマー組織体のマクロな光電子機能

コヒーレンス場におけるデンドリマー組織体のマクロな光電子機能

研究報告コード R030000283
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 横山 士吉
研究者所属機関
  • 独立行政法人通信総合研究所
研究機関
  • (独)通信総合研究所
報告名称 コヒーレンス場におけるデンドリマー組織体のマクロな光電子機能
報告概要 本研究では波長オーダーのマクロ空間領域にゲインの高い状態で分子組織体を構築し、さらに特異な場であるコヒーレンス性の高い電磁場内において分子間相互作用を誘発させることで、新たな光電子機能を発現させることを目的としている。分子の電子構造が大きく関与する物質の化学的・物理的性質は、分子集合体などの凝集系においては、その配向性、分子間距離などのミクロスコピックな構造に大きく依存し、分子構造の制御は重要である。ミクロスコピックな分子凝集とマクロスコピックに誘発される光電子特性の相関性は複雑であるが、電磁場内におかれたときの分子機能の特異性を選択的に見いだすことを本研究では主たる目的としている。レーザー光による励起が外場としての電磁場の発生であり、系内では個々の分子は自らの励起状態によって新たな電磁場を放出し、隣接分子間で発生するエネルギー伝搬がコヒーレントに起こったときに機能の増幅が発生する。この伝搬を高効率に起こさせるための材料系を巨大分子であるデンドリマーで達成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000283_01SUM.gif R030000283_02SUM.gif
研究分野
  • 色素レーザ,液体レーザ
  • 高分子の結晶構造
  • 高分子の反応
  • 固体デバイス製造技術一般
関連発表論文 (1) S. Yokoyama, A. Otomo, T. Nakahama and S. Mashiko, “Spatial photon confinement and super radiation drom dye cored dendrimer”, Thin Solid Films, 393, 124 (2001).
(2) Y. Okuno, S. Yokoyama and S. Mashiko, “Interaction between monomeric units of donor-acceptor-fictionalized azobenzene dendrimer: effects on macroscopic configuration and first hyperpolarizability”, J. Phys. Chem. B, 105, 2163 (2001).
(3) S. Yokoyama, A. Otomo and S. Mashiko, “Laser emission from high-gain media of dye-doped dendrimer”, Appl. Phys. Lett., 7, 80 (2002).
(4) S. Yokoyama, T. Nakahama, A. Otomo, S. Mashiko, “Superfluorescence action from rhodamine-cored dendrimer”, Coll. Surf. A, 433, 198 (2002).
(5) S. Yokoyama, A. Otomo, T. Nakahama, Y. Okuno and S. Mashiko, “Dendrimer for optoelectronic applications” Schalley and Vogtle (ed.) in ”Topics in Current Chemistry, Dendrimer V”, Springer-Verlag, Heidelberg.
(6) S. Yokoyama and S. Mashiko, “Spatial light confinement and laser emission from a gain medium containing dendrimer” in Iwamoto, Kaneto, Mashiko (ed.) “Nanotechnology and Nano-interface Controlled Electronic Device”, 41 (2002) Elsevier Science.
(7) 横山士吉,“デンドリマーの新しい光”,化学と工業, 52, 1465 (1999).
(8) 横山士吉,“デンドリマー”,ナノマテリアルの最新技術, 313 (2001).
(9) 横山士吉,大友明,益子信郎“Spatial photon confinement and laser-like emission by dendrimer,” M&BE, 12, 57 (2001).
(10) 横山士吉,“光機能性デンドリマー”,光機能性有機・高分子材料の新局面, 21 (2002).
研究制度
  • さきがけ研究21 「組織化と機能」領域
研究報告資料
  • 横山 士吉. コヒーレンス場におけるデンドリマー組織体のマクロな光電子機能. 「さきがけ研究21」研究報告会 「組織化と機能」領域 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.4 - 5.

PAGE TOP