TOP > 研究報告検索 > 個々の原子・分子追跡と2次元組織化膜成長ダイナミクス

個々の原子・分子追跡と2次元組織化膜成長ダイナミクス

研究報告コード R030000286
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 犬飼 潤治
研究者所属機関
  • 東北大学大学院工学研究科
研究機関
  • 東北大学
報告名称 個々の原子・分子追跡と2次元組織化膜成長ダイナミクス
報告概要 化学的手法を用いた2 次元組織化膜形成手法の確立は、今後のナノテクノロジーを発展させるための根幹の一つである。本研究は、走査型トンネル顕微鏡(STM)や低速電子回折法といった測定法を用いて固体表面上の原子や分子の動的挙動を追跡し、それによって表面上における超薄膜形成のメカニズムを明らかにしようとするものである。新規な超高真空-電気化学複合(UHV-EC)装置を開発し、真空中、固気界面および固液界面を複合的に結びつけながら実験を進めていくことを目指した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000286_01SUM.gif R030000286_02SUM.gif R030000286_03SUM.gif
研究分野
  • 真空技術
  • 薄膜成長技術・装置
  • 無機化合物の薄膜
  • 有機化合物の薄膜
  • 物理的手法を用いた吸着の研究
関連発表論文 (1) “Highly Ordered p-Xylene Adlayer Formed on Rh(111) in HF Solution: In Situ STM and Ex Situ LEED”, K. Suto, M. Wakisaka, M. Yamagishi, L.-J. Wan, J. Inukai, K. Itaya, Langmuir, 16, 9368 (2000).
(2) “Underpotential and bulk deposition of copper on Pd(111) in sulfuric acid solution studied by in situ scanning tunneling microscopy”, J. Okada, J. Inukai, K. Itaya, Phys. Chem. Chem. Phys., .x 3, 3297 (2001).
(3) “Highly Ordered Anthracene Adlayers on Ag Single Crystal Surfaces in Perchloric Acid Solution: In Situ STM Study”, T. Shimooka, S. Yoshimoto, M. Wakisaka, J. Inukai, K. Itaya, Langmuir, 17, 6380 (2001).
(4) “In Situ STM Study of Cyanide Adlayer on Ir(111) in Alkaline Solution”, M. Hara, S. Yoshimoto, J. Inukai, K. Itaya, Electrochemistry, 69, 934 (2001).
(5) “Adlayer Structures of Cl and Br and Growth of Bulk AgBr Layers on Ag(100) Electrodes”, T. Shimooka, J. Inukai, K. Itaya, J. Electrochem. Soc., 149, E19 (2002).
(6) “Structure of p-Xylene Adlayer Formed on Rh(111) Surface in Vacuum Studied by STM and LEED”, M. Wakisaka, K. Suto, J. Inukai, K. Itaya, Langmuir, 18, 729 (2002).
(7) “Adlayer Structures of Benzotriazole on Cu(110), (100), and (111) in HClO4 Solution: In situ Scanning Tunneling Microscopy”, M. Sugimasa, L.-J. Wan, J. Inukai, K. Itaya, J. Electrochem. Soc., 149, E367 (2002).
(8) “Adlayer Structure of Sulfur on Cu(111) Electrode in Alkaline Solution”, M. Sugimasa, J. Inukai, K. Itaya, J. Electrochem. Soc., in print.
(9) “Structural Change and Electrochemical behavior of Pt(100)-hex-R0.7 Electrode Surface in gases in Solution”, M. Wakisaka, M. Sugimasa, J. Inukai, K. Itaya, J. Electrochem. Soc., accepted.
(10) “In situ STM Study of Adlayer Structures of 1,10-Phenanthroline on Cu(111) Surface in HClO4 Solution: ”, M. Sugimasa, J. Inukai, K. Itaya, J. Electrochem. Soc., in print.
(11) “Adlayers of methyl-substituted benzene derivatives formed on Rh(111) in HF solution”, Koji Suto, Junji Inukai, and Kingo Itaya, J. Electroanal. Chem., accepted.
(12) 「真空中及び溶液中におけるハロゲン化銀の生成」,犬飼潤治,表面科学,23巻10号 48ページ。
(13) 「Cu電極表面の電気化学STMによる研究」,犬飼潤治,板谷謹悟,表面技術,52巻10号掲載予定。
研究制度
  • さきがけ研究21 「組織化と機能」領域
研究報告資料
  • 犬飼 潤治. 個々の原子・分子追跡と2次元組織化膜成長ダイナミクス. 「さきがけ研究21」研究報告会 「組織化と機能」領域 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.10 - 11.

PAGE TOP