TOP > 研究報告検索 > 細胞情報と化学情報を相互変換する分子の創製と機能

細胞情報と化学情報を相互変換する分子の創製と機能

研究報告コード R030000291
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 片山 佳樹
研究者所属機関
  • 九州大学工学研究院応用化学部門
研究機関
  • 九州大学
報告名称 細胞情報と化学情報を相互変換する分子の創製と機能
報告概要 細胞内シグナル伝達系に着目し、疾病に関与する標的細胞内シグナルに応答する材料を開発し、それを利用して、細胞内シグナルに応答する薬物カプセルや遺伝子発現制御系などを構築し、細胞表面マーカーによる従来の薬物ターゲティングとは異なる、全く新しい薬物送達概念を創成する。標的シグナルとしては、細胞内で重要なキナーゼとプロテアーゼを選んだ。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000291_01SUM.gif R030000291_02SUM.gif R030000291_03SUM.gif
研究分野
  • 高分子の物性一般
  • 生物物理的研究法
  • 遺伝子の構造と化学
  • 遺伝子操作
  • 分子・遺伝情報処理
関連発表論文 (1) Yoshiki Katayama, Kenji Fujii, Etsuko Ito, Shigeki Sakakihara, Tatsuhiko Sonoda, Masaharu Murata, Mizuo Maeda, Intracellular signal-responsive artificial gene regulation for novel gene delivery, Biomacromolecules 3(5), 905-909 (2002).
(2) Yoshiki Katayama, Tatsuhiko Sonoda, Mizuo Maeda, A Polymer Micelle responding to the Protein Kinase A Signal, Macromolecules, 34(24), 8569-8573 (2001).
(3) Shigeki Sakakihara, Kenji Fujii, Yoshiki Katayama, Mizuo Maeda, A novel regulation system of gene expression responding to protease signal., Nucleic Acid Res., Suppl. 1, 149-150 (2001).
(4) Tatsuhiko Sonoda, Yoshiki Katayama, Mizuo Maeda, A New Polymer Reagent for Monitoring of Protein Kinase A Activity, Anal. Sci., 17, i277-i279 (2001).
(5) Yuya Ohuchi, Yoshiki Katayama, Mizuo Maeda. Fluorescent-Based Sensing of Protein Kinase A Activity Using The Dual Fluorescent-Labeled Peptide, Anal. Sci., 17, i1465-i1467 (2001).
(6) 片山佳樹,導入した遺伝子が患部細胞内だけで機能する新しい遺伝子治療法,遺伝子医学,19 (Vol.6 No.1), (2002,2)。
研究制度
  • さきがけ研究21 「組織化と機能」領域
研究報告資料
  • 片山 佳樹. 細胞情報と化学情報を相互変換する分子の創製と機能. 「さきがけ研究21」研究報告会 「組織化と機能」領域 講演要旨集(研究期間:1999-2002),2002. p.20 - 21.

PAGE TOP