TOP > 研究報告検索 > 人体変形とそれに伴う心地のシミュレータの開発 人体変形シミュレーションによる心地の評価

人体変形とそれに伴う心地のシミュレータの開発 人体変形シミュレーションによる心地の評価

研究報告コード R030000312
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 前川 佳徳
研究者所属機関
  • 大阪産業大学工学部情報システム工学科
研究機関
  • 大阪産業大学
報告名称 人体変形とそれに伴う心地のシミュレータの開発 人体変形シミュレーションによる心地の評価
報告概要 本研究は、物体と人体との接触による人体変形のシミュレーションにより圧覚・痛覚による心地に関連する情報が得られる、という考えに基づき、変形シミュレーション手法と心地評価手法を提案し、その妥当性を椅子による臀部の変形シミュレーションと椅子の座り心地評価により検証する事を目的とした。まず、人体各部を均質のゴムのような塊(超弾性体)としてモデル化した。これを用いて物体との接触による人体各部の変形を有限要素法でシミュレーションした。変形解析に必要な材料特性値(ムーニィー定数)は、かたさ試験機による実測に基づいて決定した。椅子による臀部の変形について、座面での荷重分布実測値とシミュレーション結果を比較した結果、良好な一致を示した。また、ムーニィー定数の決定法の妥当性も検証された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000312_01SUM.gif R030000312_02SUM.gif R030000312_03SUM.gif
研究分野
  • 産業衛生,産業災害
  • 医療事故,医療過誤
  • 計算機シミュレーション
  • 医用情報処理
研究制度
  • 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業 生命・生体分野
研究報告資料
  • 前川 佳徳. 人体変形とそれに伴う心地のシミュレータの開発 人体変形シミュレーションによる心地の評価. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 研究報告会 ~進展する第三の科学技術~ 2000. p.50 - 51.

PAGE TOP