TOP > 研究報告検索 > 循環器病治療支援計算生体力学シミュレータ

循環器病治療支援計算生体力学シミュレータ

研究報告コード R030000316
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 山口 隆美
研究者所属機関
  • 名古屋工業大学大学院工学研究科生産システム工学専攻
研究機関
  • 名古屋工業大学
報告名称 循環器病治療支援計算生体力学シミュレータ
報告概要 本研究では、循環器病(心臓・血管病)などの臨床医療における高精細度の診断、高信頼度の予測にもとづく治療計画、および、安全度の高い訓練のために開発中の計算生体力学シミュレーションシステムの基本的要素であるモデリングシステムを開発することを目的とした。このシミュレーションシステムは、虚血性心臓病、脳血管障害などのような重篤な循環器疾患の病因の解明、診断の高度化、予防手段および高信頼度の治療手段・機器の開発と性能評価、医師・技師などの訓練機能などを統合するものである。開発したモデリングシステムは、大容量の臨床画像、計算結果画像などを、インタネットで相互に伝送・共有しつつ計算生体力学モデルを構成し、これを可視化できるものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000316_01SUM.gif R030000316_02SUM.gif
研究分野
  • 視覚
  • 循環系モデル
  • 循環系の医学一般
  • 医用情報処理
研究制度
  • 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業 生命・生体分野
研究報告資料
  • 山口 隆美. 循環器病治療支援計算生体力学シミュレータ. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 研究報告会 ~進展する第三の科学技術~ 2000. p.60 - 61.

PAGE TOP