TOP > 研究報告検索 > プランクトン蛍光の画像解析自動処理システム プランクトン蛍光の画像解析自動処理システムの開発

プランクトン蛍光の画像解析自動処理システム プランクトン蛍光の画像解析自動処理システムの開発

研究報告コード R030000323
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 熊谷 道夫
研究者所属機関
  • 滋賀県琵琶湖研究所
研究機関
  • 滋賀県琵琶湖研究所
報告名称 プランクトン蛍光の画像解析自動処理システム プランクトン蛍光の画像解析自動処理システムの開発
報告概要 本研究は、蛍光顕微鏡で得た植物プランクトンの蛍光画像と、光学顕微鏡を用いて得た画像を併用して解析することによって、従来の自動識別システムでは困難であった、泥などの夾雑物を多く含む天然試料中の植物プランクトンの認識率向上を意図した。システムは、(1)プランクトン蛍光画像の取り込みシステム、(2)蛍光画像データベースの作成、及び(3)データベースを用いた画像解析と分類システムから構成した。(1)には倒立型研究用光学顕微鏡とCCDカメラを用いた。(2)は琵琶湖からプランクトンを採取して画像取得により、グレースケール画像約1,400枚、カラーと蛍光画像約100枚を取り組んだデータベースを作成した。(3)では高速画像処理及び統計パターン認識ソフトを設計した。画像中の対象物を解析し、目標とするシアノバクテリアの種を分類した。この結果、蛍光画像を用いなければ、泥などの夾雑物が混じった画像の自動解析は困難であることを確認した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000323_01SUM.gif
研究分野
  • ドキュメンテーション
  • 植物生態学
  • プランクトン
  • 図形・画像処理一般
研究制度
  • 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業 環境・安全分野
研究報告資料
  • 熊谷 道夫. プランクトン蛍光の画像解析自動処理システム プランクトン蛍光の画像解析自動処理システムの開発. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 研究報告会 ~進展する第三の科学技術~ 2000. p.80 - 81.

PAGE TOP