TOP > 研究報告検索 > ソフトコンピューティングによる耐震性能評価システムの研究 顧客満足度を考慮した耐震性能評価システム

ソフトコンピューティングによる耐震性能評価システムの研究 顧客満足度を考慮した耐震性能評価システム

研究報告コード R030000329
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 堤 和敏
研究者所属機関
  • 株式会社フジタ構造設計部
研究機関
  • (株)フジタ
報告名称 ソフトコンピューティングによる耐震性能評価システムの研究 顧客満足度を考慮した耐震性能評価システム
報告概要 本研究は、地震による被害レベルと耐震性能を顧客の満足度で表現し、地震動による構造物の応答予測・制御シミュレーションを行い、より満足度の高い性能を確保する合理的な設計評価システムを開発することを目的とした。共同住宅の1/2モデル試験体の加圧試験による被害状況写真に基づいたインターネットアンケートを行い、設計目標値を設定した。本研究では、履歴エネルギー係数という新規概念をニューラルネットワークで学習させることにより、応答変形が充分推定可能な1質点系構造物の応答変形推定法を開発した。さらにこれを拡張して、応答変形制御が充分可能であることを示した。また、設計された建物の耐震性能を分かり易く、客観的に評価し、明示するための手法の開発を行った。開発した評価理論を具体的な建物に適用して検証を行った。
研究分野
  • 数値計算
  • 計算機シミュレーション
  • 建築物の耐震,免震,制震,防振
  • 建築設計,建築家,建築史
研究制度
  • 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業 環境・安全分野
研究報告資料
  • 堤 和敏. ソフトコンピューティングによる耐震性能評価システムの研究 顧客満足度を考慮した耐震性能評価システム. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 研究報告会 ~進展する第三の科学技術~ 2000. p.94 - 95.

PAGE TOP