TOP > 研究報告検索 > アジア地域防災情報ネットワーク・システムの研究開発

アジア地域防災情報ネットワーク・システムの研究開発

研究報告コード R030000342
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 小川 雄二郎
研究者所属機関
  • 財団法人都市防災研究所アジア防災センター
研究機関
  • (財)都市防災研究所
報告名称 アジア地域防災情報ネットワーク・システムの研究開発
報告概要 アジア地区において多様な防災情報の提供を行うためのネットワークを構築することを目的として、そのプラットフォームとしての防災情報の提供、処理、伝達を行うシステムを開発することを意図した。このシステムに求められる機能は、画像情報の伝達、容易な情報検索、災害対応情報への変換、エンドユーザ(災害管理責任者)への容易な情報伝達、及び情報提供機関の容易な情報提供、の5項目である。このために、災害情報データベースの研究開発、防災地理情報システムの研究開発、及び防災情報ネットワーク・システムの総合設計、の3課題を設定した。本研究の主な成果は、インターネットGISを用いた防災情報ネットワークプラットフォームVENTENの開発、防災情報検索エンジンの開発、防災情報の作成とインストール(アジア全域の地理情報、AA衛星画像、日本活断層、津波歴史データ等)、及び衛星情報分野からの情報提供の協力体制の開発と構築、である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000342_01SUM.gif R030000342_02SUM.gif R030000342_03SUM.gif
研究分野
  • 自然地理学
  • ドキュメンテーション
  • 自然災害
  • 地形データの処理
  • ドキュメンテーション
研究制度
  • 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業 環境・安全分野
研究報告資料
  • 小川 雄二郎. アジア地域防災情報ネットワーク・システムの開発研究. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 平成10年度採択基本型 研究開発成果報告会 予稿集 ~計算で、見る・知る・予測する~ 2001. p.12 - 15.

PAGE TOP