TOP > 研究報告検索 > ネットワークによる地球環境衛星データベースの構築と高度利用に関する総合的研究

ネットワークによる地球環境衛星データベースの構築と高度利用に関する総合的研究

研究報告コード R030000349
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • 高木 幹雄
研究者所属機関
  • 東京理科大学基礎工学部
研究機関
  • 東京理科大学
報告名称 ネットワークによる地球環境衛星データベースの構築と高度利用に関する総合的研究
報告概要 本研究は、NOAA衛星搭載のAVHRRセンサーのデータ、及びGMS衛星搭載のVISSRセンサーの利用・活用の拡大を図るため、これらのデータの受信・所有を行っている5機関を高速ネットワークで結ぶことにより、NOAA、GMSデータをサイバースペース上に集積して、AVHRR、VISSRデータベースを構築し、これらのデータを基に陸域、海域、大気域の科学的データセットを作成することを意図した。このために、ネットワークシステムならびに画像データベースの構築、基盤データセットの作成、地表面被覆データセットの作成、海面温度データセットの作成、AVHRRデータの処理手法、などの作業を行った。作成されたデータベースは、東アジアから東南アジアにかけての広大な範囲をカバーするものであり、高速ネットワークを利用してフルに利用されている。各機関のホームページでも公開され、多数の利用者がネットワークを介して利用している。
研究分野
  • 気象学一般
  • 大気大循環,熱帯気象
  • 水圏・生物圏の地球化学
  • 生態系
  • 大気汚染一般
研究制度
  • 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業 地球・宇宙観測分野
研究報告資料
  • 高木 幹雄. ネットワークによる地球環境衛星データベースの構築と高度利用に関する総合的研究. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 平成10年度採択基本型 研究開発成果報告会 予稿集 ~計算で、見る・知る・予測する~ 2001. p.46 - 51.

PAGE TOP