TOP > 研究報告検索 > 遷移金属酸化物の動的構造の実時間測定

遷移金属酸化物の動的構造の実時間測定

研究報告コード R040000046
掲載日 2007年5月11日
研究者
  • 森 茂生
研究者所属機関
  • 大阪府立大学総合科学部
研究機関
  • 大阪府立大学
報告名称 遷移金属酸化物の動的構造の実時間測定
報告概要 強相関電子系物質として特徴づけられる遷移金属酸化物は、d電子の内部自由度である電荷/スピン/軌道間の強い相互作用に加えて、ヤーン・テーラ効果と呼ばれる電子格子相互作用が働く。このような相互作用を介して、遷移金属酸化物は、巨大磁気抵抗効果、電荷/軌道秩序や金属-絶縁体転移などの特異な量子物性を示す。本研究では、遷移金属酸化物のなかでも特にマンガン酸化物に着目し、特異な量子物性を示す新しい物質系の探索を行うとともに、メゾスコピックサイズで特徴づけられる電荷軌道秩序構造や磁気的秩序構造の秩序形成過程およびそれに伴う動的揺らぎ構造について明らかにすることを目指した。また、空間的・時間的揺らぎ構造に関する知見を得るために、透過型電子顕微鏡に搭載可能な時間分解型電子カウンターの試作を行った。
研究分野
  • 金属酸化物及び金属カルコゲン化物の結晶構造
  • 電子物性一般
  • 酸化物結晶の磁性
  • 塩基,金属酸化物
関連発表論文 (1) R.Shoji, S.Mori, N.Yamamoto, A.Machida and Y.Moritom, “Phase separation and destabilization in the charge ordered state of the Cr-doped manganites” .J.Phys.Soc.Jpn.70, 267(2001)
(2) T. Katsufuji, S Mori, M. Masaki, Y. Moritomo, N. Yamamoto, and H. Takagi “Dielectric and magnetic anomalies and spin frustration in hexagonal RMn03 (R=Y, Yb, and Lu)”, Phys.Rev.B 64, 104419(2001).
(3) S.Mori, R.Shoji, N.Yamamoto, T.Katsufuji, A.Machda and Y.Moritomo, “Charge ordered state in the impurity-doped manganites” J.Phys.Soc.Jpn.,71, 1280-1283 (2002).
(4) S.Mori, R.Shoji, N.Yamamoto and T.Katsufuji “Impurity effect on the charge ordered state in mangnaites, J. Phys. and Chem. of Solids 63,929-933(2002).
(5) 森 茂生 「マンガン酸化物の電荷・軌道秩序構造と相分離状態」電子顕微鏡 37,1,56-59(2002).
(6) S.Mori, T.Asaka and Y.Matsui, “Observation of magnetic domain structure in phase-separated manganites by Lorentz electron microscopy” J. of Electron Microscopy 51,225-229(2002).
(7) S.Mori, R.Shoji, N.Yamamoto, T.Asaka, Y.Matsui, A.Machida and Y.Moritomo “Microscopic phase separation and ferromagnetic microdomains in Cr-doped Nd0.5Cao.5Mn03” Phys. Rev. B67, 12403-1 - 12403-3(2003).
(8) K.Matsuno, T.Katsufuji, S.Mori, M.Nohara, A.Machida, Y.Moritomo, K.Kato, E.Nishibori, M.Takata, M.Sakata, K.Kitazawa, and H.Takagi, “ Charge ordering and Spin frustration inAIV2-xCrx04” Phys. Rev. Letts. 90, 096404-1-096404-4, (2003).
(9) S.Mori, T.Asaka, Y.Matsui, K.Okuyama, K.Takenaka and S.Sugai, “Ferromagnetic domain structure in colossal magnetoresistive manganite; La1-xSrxMn03(x=0.12). Transactions of the Materials Research Scoiety of Japan, 28, 295-298(2003).
(10) S.Mori, T.Asaka, Y.Horibe, Y.Matsui, P. A. Sharma, T.Y. Koo, S.Guha. C.H. Chen and S-W. Cheong, “Preformed, Nanoscale Feromagnetism in Manganites”, Nature(London), submitted.
研究制度
  • さきがけ研究 「組織化と機能」領域
研究報告資料
  • 森 茂生. 遷移金属酸化物の動的構造の実時間測定. 「さきがけ研究」「組織化と機能」領域 研究報告会講演要旨集(研究機関2000-2003),2003. p.6 - 7.

PAGE TOP