TOP > 研究報告検索 > タンパク質表面構造を対象とする認識・変換素子の創製

タンパク質表面構造を対象とする認識・変換素子の創製

研究報告コード R040000053
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 浜地 格
研究者所属機関
  • 九州大学先導物質化学研究所
研究機関
  • 九州大学
報告名称 タンパク質表面構造を対象とする認識・変換素子の創製
報告概要 近年の細胞生物学の急速な進展により生きた細胞における情報伝達には、多くのタンパク質間の相互作用が重要であることが分かってきた。とりわけこれら生体高分子の表面を介した認識、即ち「タンパク質表面・表面間の分子認識」は生命現象における共通の言語と考えられるという共通認識が広がりつつある。細胞外からの情報の多くは、細胞膜や細胞内部でのタンパク質表面を介した相互作用によって、増幅され伝達される。これらを人為的に制御する分子レベルでの方法論の開発のためには、複雑で高度に水和した特定タンパク質の表面を選択的に認識し、さらにはこれらを化学変換できる分子群が必要となる。本研究では、タンパク質表面を特異的に認識・改変できる新規な小分子:表面レセプターおよび表面モジュレーター分子の開発を目指した。
研究分野
  • 高分子と低分子との反応
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1) Pd(en) as a Sequence-Selective Molecular Pinch for α-Helical Peptides, I. HAMACHI, N. KASAGI, S. KIYONAKA, T. NAGASE, Y. MITO-OKA, S. SHlNKAI, Chem. Lett., 16-17 (2001).
(2) Zn(II) Dipicolylamine-based Artificial Receptor as A New Entry for Surface Recognition of a-Helical Peptides in Aqueous Solution, Y. MITO-OKA, S. TSUKIJI, T. HIRAOKA, N. KASAGI, S., S. SHINKAI, I. HAMACHI. Tetrahedron Lett., 427059-7062 (2001).
(3) First Artificial Receptors and Chemosensors toward Phosphorylated Peptide in Aqueous Solution, A. OJIDA, Y. MITO-OKA, M. INOUE, I. HAMACHI, J. Am. Chem. Soc., 124, 6256-6258 (2002).
(4) Cross-linking Strategy for Molecular Recognition and Fluorescent Sensing of a Multi-phosphorylated Peptide in Aqueous Solution, A. OJIDA, M. INOUE, Y. MITO-OKA, I. HAMACHI, J. Am. Chem. Soc., 125, 10184-10185 (2003).
(5) Molecular Recognition and Fluorescence Sensing of mono-Phosphorylated Peptides in Aqueous Solution by bis(Zn(II)-dipicolylamine)-based Artificial Receptors, A. OJIDA, Y. MITO-OKA, K. SADA, I. HAMACHI, J.Am. Chem. Soc., 125, in press (2003).
(6) Recognition and Fluorescence Sensing of Specific Amino Acid Residue on Protein Surface Using Designed Molecules, A. OJIDA, Y. MIYAHARA, T. KOHIRA, I. HAMACHI, Biopolymers-peptide science., in press (2003).
(7) A General Semisynthetic Method for Fluorescent Saccharide-Biosensors Based on a Lectin, I. HAMACHI, T. NAGASE, S.SHINKAI, J. Am, Chem. Soc., 122, 12065-12066 (2000).
(8) Post-Photoaffinity Labeling Modification Using Aldehyde Chemistry to Produce a Fluorescent Lectin toward Sacchariide-Biosensors, T, NAGASE, S. SHINKAI, I. HAMACHI, Chem. Commun., 229-230 (2001).
(9) Construction of Artificial Signal Transducers on a Lectin Surface by Post-Photoaffinity-Labeling Modification for Fluorescent Saccharide Biosensors, T. NAGASE, E. NAKATA, S. SHINKAI, I. HAMACHI, Chem. Eur. J., 9, 3660-3669 (2003).
研究制度
  • さきがけ研究 「組織化と機能」領域
研究報告資料
  • 浜地 格. タンパク質表面構造を対象とする認識・変換素子の創製. 「さきがけ研究」「組織化と機能」領域 研究報告会講演要旨集(研究機関2000-2003),2003. p.20 - 21.

PAGE TOP