TOP > 研究報告検索 > 神経細胞が極性を獲得する機構

神経細胞が極性を獲得する機構

研究報告コード R040000056
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 稲垣 直之
研究者所属機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科細胞内情報学講座
研究機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学
報告名称 神経細胞が極性を獲得する機構
報告概要 神経細胞は、1本の軸索と複数の樹状突起を有し神経極性を形成する。神経極性は、神経細胞の基本的な機能であるシグナルの入出力や統合に重要な役割を果たすにも関わらず、その形成および維持の分子機構は未だよくわかっていない。本研究の目的は、神経細胞の極性形成に関わる分子群を同定し機能解析を行うことにより、神経極性形成・維持の分子ネットワークを明らかとすることである。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子の構造と化学
  • 神経系一般
  • 脳・神経系モデル
関連発表論文 (1) Inagaki, N., Chihara. K,. Arimura, N., M?nager, C., Kawano, Y,, Matsuo. N., Nishimura. T., Amano, M., and Kaibuchi, K. (2001) CRMP-2 Induces Axons in Cultured Hippocampal Neurons. Nature Neurosci. 4, 781-782.
(2) Taya, S., Inagaki, N., Sengiku, H., Makino, H., Iwamatsu, A., Urakawa, I., Nagano, K., Kataoka, S., and Kaibuchi, K. (2001) Direct Interaction of Insulin-like growih factor-1 receptor with leukemia-associated RhoGEF, J. Cell Biol. 155, 809-819.
(3) Canossa, M., Gartner, A., Campana, G., Inagaki, N., and Thoenen, H. (2001) Regulated secretion of neurotrophins by metabotropic glutamate group I (mGluRI)- and Trk-receptor activation is mediated via phospholipase C signaling pathways, EMBO J. 20, 1641-1650.
(4) Oguri, T., Takahata, I., Katsuta, K., Nomura, E., Hidaka, M., and Inagaki. N. (2002) Proteome analysis of rat hippocampal neurons by multiple large gel two-dimensional electrophoresis, Proteomics 2, 666-672.
(5) Inagaki, N., Katsuta, K., Nomura, E., Ueda, T., Toriyama, M., and Mori, T. (2002) High resolution large gel two-dimensional electrophoresis for proteomics, BIOforun Int. 6, 324-325.
(6) Fukata Y., Itoh T. J., Kimura T., Menager C., Nishimura T., Shiromizu T., Watanabe H., Inagaki, N., Iwamatsu A., Hotani H., Kaibuchi K. (2002) CRMP-2 binds to tubulin heterodimers to promote microtubule assembly, Nature Cell Biol. 4, 583-591.
(7) Suzuki, Y., Nakagomi, S., Namikawa, K., Kiryu-Seo, S., Inagaki, N., Kaibuchi, K., Aizawa, H., Kikuchi, K., and Kiyama, H. (2003) Collapsin response mediator protein-2 accelerates axon regeneration of nerve-injured moter neurons of rat, J. Neurochem. 86, 1042-1050.
(8) Inagaki, N. and Katsuta, K. (2003) Large gel two-dimensional electrophoresis: improving recovery of cellular proteome, Curr. Proteomics, in press.
(9) 稲垣直之 (2003) ポストシナプス・樹状突起スパインにおける CaMKII の空間的シグナリング,生体の科学 54 (2), 90-96.
(10) 稲垣直之,稲垣昌樹,単一スパインにおける CaMKII シグナリングの可視化 (2003) 動くシナプスと神経ネットワーク(塩坂貞夫 編)金芳堂,p103-110
(11) 勝田和大,野村英子,稲垣直之 (2003) Multiple Large gel two-dimensional electrophoresis for proteomics, J. Electrophresis 47, 27-31.
(12) 稲垣直之 (2002) 細胞内の空間シグナル,細胞工学21 (4) 345.
(13) 稲垣直之 (2002) 高解像度ラージゲルを用いた二次元電気泳動法による細胞内発現蛋白質の網羅的検出,実験医学 20 (1) 85-88.
(14) 有村奈利子,稲垣直之,貝淵弘三 (2001) CRMP-2による神経極性形成の制御機構,実験医学. 19 (17). 2309-2311.
(15) 稲垣直之,貝淵弘三 (2001) CRMP-2は海馬神経細胞の軸索形成を誘導する,細胞工学 20 (10). 1408-1409.
(16) 稲垣直之,貝淵弘三 (2001) 神経細胞の軸索および極性形成の分子機構,生体の科学 52 (3). 230-234.
研究制度
  • さきがけタイプ 「認識と形成」領域
研究報告資料
  • 稲垣 直之. 神経細胞が極性を獲得する機構. 「さきがけタイプ」「認識と形成」領域 研究報告会講演要旨集(研究期間2000-2003),2003. p.5 - 6.

PAGE TOP