TOP > 研究報告検索 > 多様な中枢神経系のプロトカドヘリンによる形態形成の制御

多様な中枢神経系のプロトカドヘリンによる形態形成の制御

研究報告コード R040000059
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 平野 伸二
研究者所属機関
  • 理化学研究所
研究機関
  • 理化学研究所
報告名称 多様な中枢神経系のプロトカドヘリンによる形態形成の制御
報告概要 高等動物の中枢神経系は、多様に機能分化した神経細胞が複雑な神経回路を形成している。このような神経系の形成には細胞間相互作用が非常に重要な役割を果たしていると考えられているが、その分子メカニズムについては未だ十分解明されていない。プロトカドヘリンはカドヘリンスーパーファミリーに属する細胞接着分子であり、1)非常に多くの種類があること、2)その多くが神経系に特異的に発現していること、3)サブファミリーの違いにより細胞内領域のアミノ酸配列が全く異なることなどの特徴がある。従って、プロトカドヘリンは神経系で様々なシグナル伝達経路をともなった複雑な細胞間相互作用に関与している可能性が高く、私はこの一連のプロトカドヘリン分子群が神経回路形成など神経系形成の鍵を握る分子であると考えている。本研究では、プロトカドヘリンの神経回路形成における役割の解明を目的とし、私が発見したOLプロトカドヘリンを中心に1)ゲノム構造の、2)プロトカドヘリンの発現分布、3)細胞内局在、4)シグナル伝達系、5)生体内での機能などについて3年間にわたり解析を行った。
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
  • 中枢神経系
  • 脳・神経系モデル
関連発表論文 (1) Hirano, S., Wang, X., and Suzuki, S.T. Restricted expression of protocadherin 2A in the developing mouse brain. Molecular Brain Res. 98, 119-123, 2002
(2) Redies C, Kovjanic D, Heyers D, Medina L, Hirano S, Suzuki ST, Puelles L. Patch/matrix patterns of gray matter differentiation in the telencephalon of chicken and mouse. Brain Res Bull. 57(3-4):489-493, 2002
(3) Aoki, E., Kimura, R., Suzuki, S.T., Hirano, S. Distribution of OL-protocadherin protein in correlation with specific neural compartments and local circuits in the postnatal mouse brain. Neuroscience. 117(3):593-614, 2003.
(4) Hirano, S., Suzuki, S.T., Redies, C. The cadherin superfamily in neural development: diversity, function and interaction with other molecules. Front Biosci. 8:d306-355, 2003
(5) Muller, K., Hirano, S., Puelles, L., Redies, C. OL-Protocadherin Expression in the Visual System of the Chicken Embryo. J. Comp. Neurol. In press
(6) 青木英子,平野伸二,鈴木信太郎,Neuro 2001 第24日本神経科,第44回日本神経科学合同大会 要旨集40巻275ページ,2001年
研究制度
  • さきがけタイプ 「認識と形成」領域
研究報告資料
  • 平野 伸二. 多様な中枢神経系のプロトカドヘリンによる形態形成の制御. 「さきがけタイプ」「認識と形成」領域 研究報告会講演要旨集(研究期間2000-2003),2003. p.11 - 12.

PAGE TOP