TOP > 研究報告検索 > 神経細胞の軸索成長の基本メカニズム

神経細胞の軸索成長の基本メカニズム

研究報告コード R040000061
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 湯浅(河田) 純一
研究者所属機関
  • 神戸大学大学院医学系研究科
研究機関
  • 神戸大学
報告名称 神経細胞の軸索成長の基本メカニズム
報告概要 多様な様式をとりながらも高度に秩序立てられた神経回路網がどのようにして形成されるのか、その基本原理を解明することは神経発生学の主要命題と考えられる。神経回路のおおまかな枠組みを作り上げる過程で重要な役割を果たしているのが軸索先端部の成長円錐であるが、種々の細胞外シグナルに応答しながらその将来の進行方向がどのようにして決定されるのかに関しては、いまだ不明な点が多い。本研究は、semaphorinシグナル伝達分子として同定された細胞内タンパク質CRMPを成長円錐舵取り機構の主要コンポネントと想定し、その機能解析を通して、軸索成長、ひいては神経回路形成の基本原理に迫ることを目標とした。
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
  • 中枢神経系
  • 脳・神経系モデル
関連発表論文 (1) Fukada, M., Watakabe, I., Yuasa-Kawada, J., Kawachi, H., Kuroiwa, A., Matsuda, Y., and Noda, M. (2000). Molecular characterization of CRMP5, a novel member of the collapsin response mediator protein family. J. Biol. Chem. 275, 37957-37965.
(2) Yuasa-Kawada, J., Suzuki, R., Kano, F., Onkawara, T., Murata, M., and Noda, M. (2003). Axonal morphogenesis controlled by antagonistic roles of two CRMP subtypes in microtubule organization. Eur. J. Neurosci. 17, 2329-2343.
研究制度
  • さきがけタイプ 「認識と形成」領域
研究報告資料
  • 湯浅 純一. 神経細胞の軸策成長の基本的メカニズム. 「さきがけタイプ」「認識と形成」領域 研究報告会講演要旨集(研究期間2000-2003),2003. p.15 - 16.

PAGE TOP