TOP > 研究報告検索 > 線虫における生殖顆粒の機能解析

線虫における生殖顆粒の機能解析

研究報告コード R040000065
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 川崎 一郎
研究者所属機関
  • 国立遺伝学研究所
研究機関
  • 国立遺伝学研究所
報告名称 線虫における生殖顆粒の機能解析
報告概要 多細胞動物において、世代間の遺伝情報の伝達は全能性と不死性という特別な性質を持った生殖系列によって営まれている。様々な動物の生殖細胞には生殖顆粒と呼ばれる特異的な構造が見られるが、生殖系列が体細胞系列に見られない特別な性格を持つために、この生殖顆粒が重要な働きをしていると考えられている。本研究では線虫C. elegansの生殖顆粒の分子的実体をより明らかにし、その構成成分が、どのような分子機構で機能し、また相互作用しているかを解析する。そして、それらの積み重ねにより、生殖顆粒が全体として生殖系列の発生にどのような生物学的役割を果たしているのかを分子機構的に明らかにしていくことを目指す。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 生殖器官
  • 発生と分化
関連発表論文 (1) Kawasaki, I., A. Amiri, Y. Fan, N. Meyer, S. Dunkelbarger, T. Motohashi, T. Karashima, O. Bossinger, Y. Kohara, and S. Strome The PGL family proteins associate with germ granules and function redundantly in C. elegans germline development. Submitted to Genetics in October 2003
(2) Hanazawa, M., I. Kawasaki, H. Kunitomo, K. Gengyo-Ando, K. L. Bennett, S. Mitani, and Y. lino The C. elegans eukaryotic initiation factor 5A homologue, IFF-1, is required for germ cell proliferation, gametogenesis and localization of the P-granule component PGL-1. Submitted to Mech. Dev. in August 2003.
(3) Iwahashi, J., I. Kawasaki, Y. Kohara, K. Gengyo-Ando, S. Mitani, Y. Ohshima, N. Hamada, K. Hara, T. Kashiwagi, and T. Toyoda Caenorhabditis elegans reticulon interacts with RME-1 during embryogenesis. Biochemical & Biophysical Research Communications 293: 698-704 (2002).
(4) Amiri, A., B. D. Keiper, I. Kawasaki, Y. Fan, Y. Kohara, R. E. Rhoads, and S. Strome An isoform of eIF4E is a component of germ granules and is required for spermatogenesis in C. elegans. Development 128: 3899-3912 (2001).
(5) 川崎一郎「特殊化された生殖細胞の形成」飯野雄一/石井直明 編「線虫 究極のモデル生物」(シュプリンガー・フェアラーク東京)pp. 65-77 (2003)
(6) 川崎一郎「線虫初期胚で生殖質の局在化を制御する分子機構」松居靖久 監修 特集「生殖細胞形成の根本原理を求めて」細胞工学 Vol.22 No.10(秀潤杜)pp. 1061-1064 (2003)
研究制度
  • さきがけタイプ 「認識と形成」領域
研究報告資料
  • 川崎 一郎. 線虫における生殖顆粒の機能解析. 「さきがけタイプ」「認識と形成」領域 研究報告会講演要旨集(研究期間2000-2003),2003. p.23 - 24.

PAGE TOP