TOP > 研究報告検索 > 生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム

生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム

研究報告コード R040000082
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 叶 深
研究者所属機関
  • 北海道大学触媒化学研究センター
研究機関
  • 北海道大学
報告名称 生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム
報告概要 内分泌撹乱化学物質(いわゆる環境ホルモン)が極微量でも、生体の内分泌系に対して重大な影響を及ぼす恐れがあるが、その汚染の実態や生体系への影響と作用機構はまだ十分解明されてない現状である。本研究において、我々は環境ホルモンとして疑われているビスフェノールA(BPA)やアルキルフェノール類化合物の高感度その場計測法の開発や、擬似生体膜表面への環境ホルモン分子の吸着・侵入過程で起こる膜構造や配向の変化及び機能性の関連について分子レベルでの解明を目指している。
研究分野
  • 物理的手法を用いた吸着の研究
  • 生体物質一般
  • 生体膜一般
関連発表論文 (1) Quayum. M. E.; Ye, S.; Uosaki, K. Mechanism for Nucleation and Growih of Electrochemical Palladium Deposition on an Au (111) Electrode, J. Electroanal. Chem., 2002, 520, 126-131
(2) Miki, A.; Ye, S.; Osawa, M. Surface-enhanced IR absorption on Pt nanoparticles: an application to real-time monitoring of electrocatalytic reactions, Chem. Commun. , 2002, 1500-1501
(3) Miyake, H.; Ye, S.; Osawa, M. Electroless deposition of gold thin films on silicon for surface-enhanced infrared spectroelectrochemistry, Electrochem. Comm., 2002, 4, 973-977
(4) Ye, S.; Noda, H.; Morita, S.; Uosaki. K.; Osawa, M. Surface Molecular Structures of Langmuir-Blodgett Films of Stearic Acid on the Solid Substrate Studied by Sum Frequency Generation Spectroscopy, Langmuir, 2003, 19, 2238-2242.
(5) Ye, S.; Li. G.; Noda, H.; Uosaki K.; Osawa, M. Characterization of Self-Assembled Monolayers of Alkanethiol on GaAs Surface by Contact Angle and Angle-resolved XPS Measurements, Surf Sci., 2003, 529, 163-170
(6) Chen, Y.X.; Miki, A.; Ye. S.; Sakai, H.; Osawa, M. Formate, an Active Intermediate for Direct Oxidation of Methanol on Pt Electrode, J. Am. Chem. Soc., 2003, 125, 3680-3681.
(7) Abe, M.; Michi, T.; Sato, A.; Kondo, T.; Zhou, W.; Ye, S.; Uosaki, K.; Sasaki, Y. Electrochemically Controlled Layer-by-Layer Deposition of Metal Cluster Molecular Multilayers on Gold,b Angew. Chem. Int. Ed., 2003, 42, 2912-2915.
(8) Ye, S.; Morita, S.; Li, G.; Noda, H.; Tanaka, M.; Uosaki, K.; Osawa, M. Structural Changes in Poly (2-methoxyethyl acrylate) Thin Films Induced by Absorption of Bisphenol A: an Infrared and Sum Frequency Generation (SFG) Study, Macromolecules, 2003, 36, 5694-5703.
(9) Morita, S.; Ye, S.; Li, G.; Osawa, M. Effect of Glass Transition Temperature (Tg) on the Absorption of Bisphenol A in Poly(acrylate)s Thin films, Vibrational Spectroscopy, accepted.
(10) Ye, S.; Uosaki, K. "Atomically Controlled Electrochemical Deposition and Dissolution of Noble Metals" in Encyclopedia of Electrochemistry (ed. Bard, A. J.), Vol. 1, (eds. Gileadi, E.; Urbakh, M.), Wiley-VCH, Weinheim, 471-512,2002.
(11) 叶,魚崎,「SFG計測」,ナノテクノロジーハンドブック,II編「観る」3章「短パルスナノ光で観る」,69-74, オーム社,2003年
(12) 叶,大澤,魚崎,和周波発生 (SFG) による水素終端Si表面の研究,「真空」,印刷中
(13) 叶,大澤,和周波発生 (SFG) による有機薄膜の界面分子構造の研究,「表面科学」,受理
研究制度
  • さきがけタイプ 「変換と制御」領域
研究報告資料
  • 叶 深. 生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム. 「さきがけタイプ」「変換と制御」領域 研究報告会講演要旨集(研究期間2000-2003),2003. p.171 - 185.

PAGE TOP