TOP > 研究報告検索 > 人間共生型インターフェイス

人間共生型インターフェイス

研究報告コード R040000087
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 前田 太郎
研究者所属機関
  • NTTコミュニケーション科学基礎研究所
研究機関
  • NTTコミュニケーション科学基礎研究所
報告名称 人間共生型インターフェイス
報告概要 近年、計算機の小型化・高機能化に伴ってウェアラブルコンピューティングの研究が開始されているが、その目的意識は通常の計算機端末を身につけて持ち歩いている域を脱してはいない。本研究で提唱するパラサイトヒューマン(以下PH)はこれとは逆の立場をとるシステムである。PHは装着者に対する計算機端末としてではなく、装着者を含む外界環境に対して人間と同様に感覚情報を取り込み、自ら運動する代わりに装着者に対して行動要求を出すようになる共生型の装着システムである(図1)。本研究の第一段階では装着者と同次元・同スケールのセンサと効果器を持ち、同構造・同空間配置から得られた情報を統合するPHの機能によって人間の情報処理上の行動原理の第一次近似としてのモデルを得ることであり、人間の行動解析においてシミュレーションや一時的な行動記録では特定しにくい複雑度を持った知覚や行動を同一視点で継続的に計測することで、人間の身体的な構造に起因するスキルや行動ロジックを解析する一助とする。また第二段階では、PHを単体ではなく一群を形成する個体数用意して、その装着者を同一コミュニティの中で活動させることによる効果についても検証する。これは人間行動における社会性を計測・モデル化すると共に、PH間の相互作用、さらにはPHを装着した状態での共生関係にある人間同士の相互作用について検証するためである。これに加えて既存の計算機端末とPH間の通信についても準備することによって、人間と機械の共生する系によるマン・マシンインターフェイスの新たな局面を切り開くことを狙う。本研究の効果としては人間機能の工学的解明という自然科学的な基礎研究に寄与する側面に加えて、同技術の最終的な工学的応用として、こうした新しい設計思想による適応型マン・マシンインターフェイスとしての利用の側面において大きな成果と将来性が期待される。
研究分野
  • 感覚系一般
  • 人間機械系
  • 情報工学基礎理論一般
  • 入出力インタフェイス
  • 人工知能
関連発表論文 (1) 財津義貴,稲見昌彦,前田太郎,舘障:腱反射を利用した新たな運動方向提示装置の提案,日本バーチャルリアリティ学会論文誌 Vol.6 No.2, pp.99-105, 2001.
(2) 野村宜邦,前田太郎:爪センサーを用いた指の接触及び屈曲検出の研究,日本バーチャルリアリティ学会誌 Vol.6 No.3, pp.215-220, 2001.
(3) Taro Maeda, Eimei Oyama, Susumu Tachi: Why Is Binocular Visual Space Distorted Compared to Physical Space?, Neurocomputing, Vol.44-46, pp.907-914 (2002)
(4) 前田太郎:パラサイトヒューマン一身体性を利用するウェアラブルインターフェイス,画像ラボ11月「ウェアラブルコンピューティング」特集号
(5) 前田太郎:「パワード・スーツとウェアラブル・ロボティクス(仮題)」,計測自動制御学会誌「計測と制御」第43巻1号 (2004年1月) 特集「小説・漫画(・ゲーム)・映画に登場した先端科学技術」
(6) 前田太郎:「ヴァーチュアル・リアリティの現在~テレイグジスタンスの今日までとこれから」Inter Communication No.44 pp.084-087
(7) 安藤英由樹,尾花和俊,渡邊淳司,杉本麻樹,前田太郎:回転モーメントを利用した機械ブレーキ式力覚提示装置の開発,ヒューマンインターフェイス学会論文誌 Vol.5 No.1, pp.181-188, 2003.
(8) 「靴型歩行誘導インターフェイスの研究」情報処理学会(論文投稿中)
(9) 「Augmented Reality のための爪装着型触覚ディスプレイの研究」電子情報通信学会(論文投稿中)
(10) 「独立成分分析による爪装着型センサの接触力と屈曲の分離」日本バーチャルリアリティ学会(論文投稿中)
(11) 「Wearable moment device for nonverbal communications」電子情報通信学会英文誌(論文投稿中)
研究制度
  • さきがけタイプ 「協調と制御」領域
研究報告資料
  • 前田 太郎. 人間共生型インターフェース. 「さきがけタイプ」「協調と制御」領域 研究報告会講演要旨集(研究期間2000-2003),2003. p.44 - 55.

PAGE TOP