TOP > 研究報告検索 > 自然現象・社会動向の予兆発見と利用

自然現象・社会動向の予兆発見と利用

研究報告コード R040000091
掲載日 2007年5月18日
研究者
  • 大澤 幸生
研究者所属機関
  • 筑波大学社会工学系
研究機関
  • 筑波大学
報告名称 自然現象・社会動向の予兆発見と利用
報告概要 本研究で大澤らは意思決定のために重要となる事象・状況・または情報を「チャンス」と称し、チャンスを発見する手法を研究してきた。その目標は、ダイナミックかつ複雑に変化する実社会の中で個人および組織がリスクに負けず、むしろ変化の中から生まれ出るチャンスの価値を正しく捉えて行動する方法を確立しようというものであった。その成果は書籍や論文の他、ビジネス等に役立つ実学としての成果を生んできた。次に、これらの研究の概要について概説する。人間の意思決定にこれまでにない影響を及ぼすようなチャンスには未知因子が関与しており、人がチャンスに働きかけた反応から初めてその未知因子を感覚的に知ることが多い。例えば、ファッションデザイナーがある青年の服装に関心を持ったら、その青年に話しかけてみることが新しい流行実現への有効なステップとなる。このため、大澤らが確立してきたチャンス発見手法の基礎は(1)チャンスの価値を理解して行動するまでに人が環境と相互作用を行ってゆく過程の理解(2)(1)のプロセスを促進するため、環境についてのデータを解析し可視化する手法という2点である。
研究分野
  • システムモデル
  • 情報工学基礎理論一般
関連発表論文 (1) Yukio Ohsawa and Peter McBurney, eds. Chance Discovery-Foundation and Its Applications-, Springer Verlag (2003)
(2) Yukio Ohsawa, Simon Parsons, and Peter McBurney, Chance Discovery: The Discovery and Management of Chance Events- AAAI Fall Symposium Technical Report FS-02-01(2002)
(3) 大澤幸生「ビジネスチャンス発見の技術」岩波アクティブ新書(2004年刊予定)
(4) 大澤幸生(監修・著):「チャンス発見の情報技術」東京電機大出版(2003)
(5) 大澤幸生(監修・著):情報処理学会IT教科書シリーズ「知識マネジメント」オーム社(2003)
(6) 大澤幸生他著,山田・北村編「情報社会とデジタルコミュニティ」東京電機大学出版局(2002)
(7) Takao Terano, Toyoaki Nishida, Akira Namatame, Syusaku Tsumoto, Yukio Ohsawa, Takashi Washio, eds., New Frontiers in Artificial Intelligence, Joint JSAI2001 Workshops Post-Proceedings, LNAI2253, Springer Verlag (2001) うち下記執筆も (a) Yukio Ohsawa, The Scope of Chance Discovery, New Frontiers in Artificial Intelligence, LNAI2253, Takao Terano, et al eds., Springer Verlag, p.413(2001) (b) Naohiro Matsumura, Yukio Ohsawa and Mitsuru Ishizuka, Chapter 59: Future Directions of Communities on the Web New Frontiers in Artificial Intelligence, LNAI2253, Takao Terano, et al eds., Springer Verlag, pp.435-442(2001) (c) Yutaka Matsuo and Yukio Ohsawa, Chapter 60: A Document as a Small World New Frontiers in Artificial Intelligence. LNAI2253, Takao Terano, et al eds., Springer Verlag, pp.444-448 (2001) (d) Yukio Ohsawa and Yumiko Nara, Chapter 66: Action Proposals as Discovery of Context (An Application to Family Risk Management) New Frontiers in Artificial Intelligence, LNAI2253, Takao Terano, et al eds., Springer Verlag, pp.481-485 (2001)
(8) Nagib Callaos, Yukio Ohsawa, Yiging Zhang, Raisa Szabo, and Marianella Aveledo, eds., World Multiconference on Systemics, Cybernetics, and Informatics Proceedings Vol.VIII (2001)
(9) 土屋俊・中島秀之・橋田浩一・松原仁・大澤幸生・高間康史 編「AI事典」共立出版 (2003)
(10) Yukio Ohsawa, Naohiro Matsumura, Naoaki Okazaki. Akio Saiura and Hajime Fujie: “Mining Scenarios for Hepatitis B and C”, in Paton, R, (ed) Multidisciplinary Approaches to Theory in Medicine (2004)
(11) Yukio Ohsawa, Discovery of Chances Underlying Real Data, Progress in Discovery Science (LNAI 2281), Arikawa, S. (ed), pp.168-177 Springer Verlag (2002)
(12) Yukio Ohsawa, Yutaka Matsuo, Naohiro Matsumura, Hirotaka Soma and Masaki Usui, “KeyGraph for Classifying Web Communities”, Hiroshi Motoda (eds.) Active Mining, IOS Press (2001)
研究制度
  • さきがけタイプ 「協調と制御」領域
研究報告資料
  • 大澤 幸生. 自然現象・社会動向の予兆発見と利用. 「さきがけタイプ」「協調と制御」領域 研究報告会講演要旨集(研究期間2000-2003),2003. p.86 - 96.

PAGE TOP