TOP > 研究報告検索 > 超効率的高分子物性機能計算システムの開発

超効率的高分子物性機能計算システムの開発

研究報告コード R070000007
整理番号 R070000007
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 青木 百合子
研究者所属機関
  • 九州大学大学院総合理工学研究院
研究機関
  • 九州大学大学院総合理工学研究院
報告名称 超効率的高分子物性機能計算システムの開発
報告概要 巨大系に対する電子状態を効率よく求めるためのElongation法にFinite Field法および周波数ω依存の超分極率を得るためのTime-dependent Hartree-Fock法による超分極率の計算アルゴリズムを局在化軌道基底で開発する。さらに電子相関効果を導入するためのLocal MP2法を組み込むとともに、遠距離クーロン相互作用の高速化をはかるためにQFMM法を導入し、より高精度オーダーN電子状態計算法および機能設計法を構築する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000007_01SUM.gif R070000007_02SUM.gif R070000007_03SUM.gif R070000007_04SUM.gif
研究分野
  • 巨大分子,高分子
  • 高分子の物性一般
  • 分子・遺伝情報処理
関連発表論文 (1) Quantum-Chemical Approach to the Solvatochromic Transition in Polysilane Derivatives Y. Orimoto and Y. Aoki, Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics, in press, 2005.
(2) Elongation method for linear scaling SCF calculations of polymers J. Korchowiec, F.L. Gu, and Y. Aoki, Journal Chemical Modeling in Science and Engineering, in press., 2005.
(3) Elongation method and supermolecule approach for the calculation of nonlinear susceptibilities. Application to the 3-methyl-4-nitropyridine 1-oxide and 2-Methyl-4-nitroaniline crystals F.L. Gu, M. Guillaume, E. Botek, B. Champagne, F. Castet, L. Ducasse, and Y. Aoki, Journal Chemical Modeling in Science and Engineering, in press, 2005.
(4) Elongation Method with Cut-off Technique for Linear SCF Scaling J. Korchowiec, F.L. Gu, A. Imamura, B. Kirtman, and Y. Aoki, Int. J. Quantum Chem., 102, 785-794, 2005.
(5) Elongation Method at Restricted Open-Shell Hartree-Fock Level of Theory J. Korchowiec, F.L. Gu, and Y. Aoki, Int. J. Quantum Chem., 105, 875-882, 2005.
(6) Evaluation of Nonlinear Susceptibilities of 3-Methyl-4-nitropyridine 1-oxide Crystal: An Application of the Elongation Method to Nonlinear Optical Properties F.L. Gu, B. Champagne, and Y. Aoki, Lecture Series on Computer and Computational Sciences and Engineering, 779-782, 2004.
(7) Elongation Method at Semi-empirical and ab initio Levels for Large Systems Y. Aoki, F.L. Gu and J. Korchowiec, Lecture Series on Computer and Computational Sciences and Engineering, 775-778, 2004.
(8) Calculation of Static (Hyper)Polarizabilities for p-Conjugated Donor/Acceptor Molecules and Block Co-Polymers by the Elongation Finite-Field Method S. Ohnishi, F.L. Gu, K. Naka, A. Imamura, B. Kirtman, and Y. Aoki, J. Phys. Chem. A, 108, 8478-8484, 2004.
(9) A new localization scheme for the elongation method F.L. Gu, Y. Aoki, J. Korchowiec, A. Imamura, and B. Kirtman, J. Chem. Phys., 121(21), 10385-10391, 2004.
(10) Enhanced hyperpolarizability via electron correlations in donor-sigma-acceptor systems Y. Orimoto and Y. Aoki, Phys. Rev. A, 68, 063808 1-6, 2003.
(11) 青木百合子、「高分子の電子状態計算における効率的方法の開発と機能設計」、高分子計算機科学研究会、東京、2002年12月
(12) 青木百合子・大西真一・Gu Feng Long、「Elongation-FF法を用いたPush-Pull共役高分子における非線形光学性の効率的な計算方法」、第8回高分子計算機科学討論会、京都、2003年3月
(13) 折本裕一・青木百合子、「高分子の協同現象的構造変化に対する量子化学的研究」、第8回高分子計算機科学討論会、京都、2003年3月
(14) 今井隆浩・折本裕一・青木百合子、「有機強磁性高分子設計のためのスピン整列機構への理論的なアプローチ」、第8回高分子計算機科学討論会、京都、2003年3月
(15) 折本裕一・青木百合子、「分子内相互作用の定量的解析法の開発とそのPush-Pull系分子の非線形光学現象への応用」、第7回理論化学討論会、岡崎、2003年5月
(16) 折本裕一・青木百合子、「高分子にみられる協同現象的構造変化に対する分子軌道法的アプローチ」、第52回高分子学会年次大会、名古屋、2003年5月
(17) 今井隆浩・青木百合子・折本裕一、「有機強磁性高分子設計のための理論的な一般則の開発」、第52回高分子学会年次大会、名古屋、2003年5月
(18) 大西真一・青木百合子・Gu Feng Long、「Elongation-FF法による超効率的Push-pull共役高分子の超分極率の計算」、第52回高分子学会年次大会、名古屋、2003年5月
(19) 今井隆浩・折本裕一・青木百合子、「π共役ラジカルを用いた有機ポリマー磁石の設計」、分子構造総合討論会、京都、2003年9月
(20) 折本裕一・青木百合子、「NBOを基底としたAb initio CI/MP2 Through-Space/Bond相互作用解析法の開発」、分子構造総合討論会、京都、2003年9月
(21) 青木百合子、「機能性高分子の量子化学的設計方法と計算方法の開発」、分子構造総合討論会、京都、2003年9月
(22) 折本裕一・青木百合子、「高分子の構造転移反応に対するミクロな立場からの解析手法の開発とその応用」、第9回高分子計算機科学討論会、東京、2004年3月
(23) Yuriko Aoki, "Development of RHF and UHF elongation methods and application to large polymer systems", 24-th Chinese Chemical Society Congress, Changsa (CHINA), 25 April 2004
(24) Feng Long Gu, "Application of the Elongation method to Nonlinear Optical Properties", 24-th Chinese Chemical Society Congress, Changsa (CHINA), 25 April 2004
(25) 青木百合子、「機能性高分子設計のための効率的量子化学計算方法とその応用」、第94回触媒討論会、仙台、2004年9月
(26) 大西真一・Feng Long GU・青木百合子、「Elongation-FF法による非線形光学材料の超効率的理論的設計」、第53回高分子討論会、札幌、2004年9月
(27) 折本裕一・青木百合子、「分子軌道法に基づく有機強磁性ポリマーの簡便な物性予測法とその材料設計への応用」、第53回高分子討論会、札幌、2004年9月
(28) 折本裕一・山口勝太・青木百合子、「スピン間相互作用経路解析に基づく有機強磁性高分子の理論的設計法」、分子構造総合討論会2004、広島、2004年9月
(29) Yuriko Aoki・Jacek Korchowiec・Feng Long Gu, "Elongation Method at Semi-empirical and ab initio Levels for Large Systems", International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering 2004, Athens (GREECE), Nov., 2004
(30) Feng Long Gu・Champagne Benoit・Yuriko Aoki, "Evaluation of Nonlinear Susceptibilities of 3-Methyl-4-nitropyridine 1-oxide Crystal: An Application of the Elongation Method to Nonlinear Optical Properties", International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering 2004, Athens (GREECE), Nov., 2004
(31) Jacek Korchowiec・Feng Long Gu・Yuriko Aoki, "Elongation Cutoff Technique for Linear SCF Scaling", 45th Sanibel Symposium 2005, USA (Florida), March, 2005
(32) 滝下英成・Feng Long Gu・Jacek Korchowiec・青木百合子、「Elongation法の機能性有機材料への応用」、第10回高分子計算機科学討論会、東京、2005年3月
(33) 大西真一・折本裕一・Gu Feng Long・青木百合子、「非線形光学材料の設計のための量子化学的研究」、第10回高分子計算機科学討論会、東京、2005年3月
(34) 折本裕一・山口勝太・青木百合子、「有機量子スピン素子の機能制御のための量子化学的研究」、第10回高分子計算機科学討論会、東京、2005年3月
(35) 青木百合子、「機能性高分子設計のための理論的重合法システム」、社団法人企業研究会第18期CAMMフォーラム4月例会本例会-コンピュータによる材料開発・物質設計を考える会-、東京、2005年4月
(36) 青木百合子、「巨大系の超効率的ab initio計算のためのElongation法の開発と機能設計への応用」、富士通計算化学セミナー、福岡、2005年4月
(37) 青木百合子・Feng Long Gu・Jacek Korchowiec、「巨大系への高精度オーダーN法の開発と機能設計への応用」、第9回理論化学討論会、京都、2005年5月18日
(38) 折本裕一・青木百合子、「軌道間相互作用解析に基づくスピン分極ワイヤーの設計」、分子構造総合討論会、東京、2005年9月
(39) 大西真一・折本裕一・Gu Feng Long・青木百合子、「NLO材料設計のための超効率的計算方法および解析方法の開発」、分子構造総合討論会、東京、2005年9月
(40) Yuriko Aoki・Marcin Makowski・Feng Long Gu "Performance of the Elongation Method for Large Systems", International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering 2005, Athens (GREECE), Oct., 2005
(41) Feng Long Gu・Bernard Kirtman・Yuriko Aoki, "Localization Scheme for the Elongation Method: in the Presence of an Electric Field", International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering 2005, Athens (GREECE), Oct., 2005
(42) M. Miura・Y. Orimoto・Y. Aoki, "Quantum Chemical Approach to Si(100) Surface", The 7th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences, Fukuoka, Dec. 1, 2005
(43) Y. Orimoto・Y. Aoki, "Interaction-Path Analysis for a Design of Ferromagnetic Organic Materials", The 7th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences, Fukuoka, Dec. 1, 2005
(44) S. Ohnishi, F.L. Gu・Y. Orimoto・Y. Aoki, "Theoretical Design for Nonlinear Optical materials", The 7th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences, Fukuoka, Dec. 1, 2005
研究報告資料
  • 青木 百合子. 超効率的高分子物性機能計算システムの開発. シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築 第1回 シンポジウム 講演要旨集, 2005. p.67 - 73.

PAGE TOP